えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

今年印象に残れる作品
ことしいんしょうにのこれるさくひん
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕」 論創社
2003(平成15)年11月10日
初出「新青年 第七巻第一四号」1926(大正15)年12月号
入力者川山隆
校正者門田裕志
公開 / 更新2010-12-17 / 2014-09-21
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


〈大正一五年度探偵小説壇の総決算〉
 本年度に於て発表された、創作並びに翻訳探偵小説中、貴下の印象に残っている作品


 今年印象に残れる作品
   小酒井不木「恋愛曲線」
   羽志主水「監獄部屋」
(『新青年』第七巻第一四号、一九二六年一二月)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko