えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

四月号の創作三つ
しがつごうのそうさくみっつ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕」 論創社
2003(平成15)年11月10日
初出「新青年 第七巻第六号」1926(大正15)年5月号
入力者川山隆
校正者門田裕志
公開 / 更新2011-01-28 / 2014-09-21
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


「火星の運河」――江戸川乱歩作。剣術使いがひとりで剣をふり回したり、絵かきが目的なしに線をひいたりするたぐいの、試筆ともいうべきもので、作者自身の「お詫び」言葉のとおりこれはむろん探偵小説ではない。ただ枕の所に大形の天文学書が開いてあって、そこに火星の想像図が描かれていたところなどに探偵小説の型が痕跡をとどめている。サイコアナリシスの実例にはふさわしいものである。
「安死術」「秘密の相似」――小酒井不木作。どちらも陰惨な作だ。ことに、「秘密の相似」の方は、あまり陰惨すぎるように思う。二人とも網膜炎であったところでとめといた方が、ユーモラスな味があったではなかろうか。女の復讐が必要以上に惨酷で、作者としてはくどいように思うが。「安死術」の方も継子いじめがあまりに深刻で、『先代萩』の政岡の場でも見るような印象を与えられる。「安死術」というような新しい名前には新しい犯罪がつりあうように思うが、これは僕一人の考えかもしらん。まだこれだけしか読めないのです。
(『新青年』第七巻第六号、一九二六年五月)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko