えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

ウイツテ伯回想記その他
ウイツテはくかいそうきそのた
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「平林初之輔探偵小説選Ⅱ〔論創ミステリ叢書2〕」 論創社
2003(平成15)年11月10日
初出「新青年 第一一巻第一四号」1930(昭和5)年11月号
入力者川山隆
校正者門田裕志
公開 / 更新2011-01-23 / 2014-09-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 近頃読んだもので、面白かった点からいうと、大竹博吉君の監修で『日露戦争と露西亜革命』という題で上巻と中巻とが出たウイッテ伯の回想記である。
 そこには、ロシアの専制政治の実状、宮中や官僚の腐敗の内情から、ニコラス皇帝はじめその周囲の人物の性格が、驚くべき観察眼をもって描き出されていると同時に、ロシアの社会の上下の実相も、一自由主義政治家の眼に映じた限りにおいては正確に描出されている。
 さらにこの書物は十九世紀の末から世界大戦前に至るまでの世界の外交界の表裏が手にとるように描いてあるので、暑い夏の日に読んでもちょっと飽くことを知らない書物である。
 これは全世界を舞台とした叙事詩であるといえよう。また専政ロシアを西欧型の立憲国にしようとする自由主義政治家の苦闘の記録でもあり、その努力がいかに失敗におわったかを示すボルシェヴィキ革命の前史でもある。ただ個々の事件だけでも、たっぷり大抵の探偵小説位の面白さはある。
 探偵小説といえば、こないだ帰った木村毅君に、何か面白い本はないかといって借りたFive Striking Storiesというのはそうとう面白かった。アンリ・デュヴェルノア、ジョゼフ=ルノー、ピエール・ミール、アンドレ・ワルノッド、モーリス・ルヴェルの五人のフランスの作家のものを英訳したものだ。序文によるとそのうちのデュヴェルノアのものは「ジャックリーン」という題で、英訳者は、これを英訳して、イギリスとアメリカとの若干の雑誌へ送ったところが、“Powerful, but too Strong for English taste”という意味の文句をそえて申しあわせたように返送してきたそうだ。
 日本の雑誌、さしずめ『新青年』にこれを翻訳して送ったら、まさか Too Strong for Japanese taste ともいうまいから、一つ翻訳して送ってみようかと思っている。なぜかというと、翌年ギトリーがこの「ジャックリーン」を脚色してロンドンで実演したら、素晴らしく受けたのではじめに読者を甘く見て断った雑誌の方でじだんだふんでくやしがったそうだから。
 さてそのほかでは、レオン・ムーシナックのPanoramique du Cinemaを読んだが、これはトーキー出現以後にかいた、ムーシナックの映画論で断片的なものだがなかなか啓発されるところはある。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko