えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

丹藤川〔「家長制度」先駆形〕
たんどがわ〔「かちょうせいど」せんくけい〕
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「【新】校本宮澤賢治全集 第十二巻 童話Ⅴ・劇・その他 本文篇」 筑摩書房
1995(平成7)年11月25日
入力者砂場清隆
校正者noriko saito
公開 / 更新2008-08-27 / 2014-09-21
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 火皿は油煙をふりみだし、炉の向ふにはこの家の主人の膝が大黒柱を切って投げ出しどっしりがたりと座ってゐる。
 その息子らは外の闇から帰って来た。肩はばがひろくけらを着て馬を廐へ引いて入れ、土間でこっそり飯をたべそのまゝころころ寝てしまった。
 もし私が何かまちがったことを云ったらそのむすこらの一人でもすぐに私を外のくらやみに連れ出すだらう。
 火皿は黒い油煙を揚げその下で一人の女が何かしきりに仕度をしてゐる。どうも私の〔膳〕をつくってゐるらしい。それならさっきもことはったのだ。
 ガタリと音がして皿が一枚床板の上に落ちた。
 主人はだまって立ってそっちへ行った。
 三秒ばかりしんとした。
 主人は座へ帰ってどしりと座った。
 どうもあの女はなぐられたらしい。
音もさせずに撲ったのだな。その証拠には土間がいやに寂かだし主人のめだまは黄金のやうだしさ。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko