えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

「文芸冊子」について
「ぶんげいさうし」について
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「坂口安吾全集 15」 筑摩書房
1999(平成11)年 10月20日
初出「文芸冊子 第二年第七冊」上越文化懇話会、1947(昭和22)年11月15日
入力者tatsuki
校正者noriko saito
公開 / 更新2009-10-12 / 2014-09-21
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 ふるさとの雪国でこんな雑誌がでゝゐるかと思ふと、それだけでたのしい思ひになります。お寺の和尚さんだの、田舎のお医者さんだの、市長さんなどが思ひ思ひのことを書いてゐるのは全く愉快なことですね。文学などといふ鋳型に入れると困つた物になるので、ただ硯と筆との本来の魂がそのありのままで現れてくれると、こんな小さな雑誌が我々の小さな生活に一番得難い友達になるでせう。和尚さんは和尚さんのやうに、お医者はお医者のやうに、市長さんは市長さんのやうに、みんなそれぞれの魂で、雪国の小さな都市で本当に生活してゐるその感情が生きて流れて欲しい。かういふ雑誌の存在は大切であり、その在り方によつて、文学でないために、むしろ本当の文学よりも文学的なものになるでせう。さういふつゝましい(それ故本当の)生活感情がにじみでるためには一つの雰囲気が大切で、この雑誌にまだ本当の魂はこもつてゐないやうですが、一つの雰囲気の発芽はあると思ひます。それが何よりです。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko