えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

魔法の笛
まほうのふえ
原題THE PIED PIPER OF HAMELIN
著者
翻訳者楠山 正雄
文字遣い新字新仮名
底本 「世界童話集 思ひ出の國」 東西社
1947(昭和22)年6月10日
入力者京都大学電子テクスト研究会入力班
校正者京都大学電子テクスト研究会校正班
公開 / 更新2009-10-15 / 2014-09-21
長さの目安約 8 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

ウェーゼル河の 南の岸の、
静かで気らくな ハメリン町に、
いつの頃やら ねずみがふえて、
そこでもチュウチュ ここでもチュウチュ、
ねずみのお宿は こちらでござる。

猫にゃかみつく 赤んぼはかじる、
犬とけんかも するあばれかた。
帽子にゃ巣をくう 着物はやぶる、
奥さん方の おしゃべりさえも、
きいきいごえで けされる始末。

町の人たち あきれてしまい、
よるとさわると ねずみのうわさ、
あげくの果が ためいきばかり。
これではならぬと 皆おしかける。
町の役場は たいしたさわぎ。

『もし市長さん 議員のおかた、
うすのろ頭を どうしぼっても、
ねずみたいじの 工夫はないか。
それが出来なきゃ こうまんらしい、
公服ぬがせて おいだすばかり。』

こりゃたまらぬと ぱちくり眼、
市長さん議員さん みな青いかお。
なんとかうまい 智慧ふんべつを、
しぼり出さねば こりゃなるまいと、
さっそくひらく 大協議会。

つくえのまわりに しかつめらしく、
眉をひそめて ならんでみたが、
どうにもこうにも そもはじめから、
ないない智慧が 出るはずはない、
ずんずんたつのは 時ばかり。

頭かきかき 市長のいうにゃ、
『でんでんででむしではあるまいし、
智慧だせだせと せめつけられても、
無い智慧出されぬ 面目ござらぬ、
にげこむねずみの 穴ほしや。』[#「。』」は底本では「。」]

ふいに扉口で こっとりことり、
そりゃまたねずみだ 胸どっきどき、
しょぼしょぼ眼に きょろきょろ眼、
客とわかって やれやれ安心、
『おはいんなさい』と 皆大いばり。

入って来たのは こりゃまあなんと、
世にもふしぎな ようすの男。
赤と黄いろの だんだらまだら、
奇妙な形の マントをひいて、
やせてひょろひょろ 背高のっぽ。

顔はつるつる ひげなし男、
髪はふさふさ どす黒い顔、
うす気味わるいは ぎらぎら青い、
針によくにた その細い目と、
いつも笑うよな その口もとだ。

『まるでこの世の 人ではないぞ、
墓の下から 出て来たようだ。』
一人の議員は こうつぶやいた。
男はかまわず ずかずかはいる、
つくえのそばまで もうやって来た。

『なんと皆さん まほうの笛で、
飛ぶ、はう、およぐ、ありとある
鳥けだものを 音にひきよせる、
ふしぎなまだらの 笛ふき男、
これがせっしゃの 名前でござる。』

それから男は いろいろ語る、
笛でたてたる 功名ばなし。
なるほど黄いろと 赤まんだらの、
領布に下げたる まほうの笛を、
手先でむずむず はや吹きたそう。

感心したよな 議員の顔を、
ながめた男は こうまんらしく、
『どうだね皆さん お困りものの
ねずみはわしが 退治てあげる。
かわりに千円 お礼はもらう。』

男のことばを 皆まできかず、
『なに千円だ そりゃ安いもの…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko