えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

おふくろ
おふくろ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「普及版 原民喜全集第一巻」 芳賀書店
1966(昭和41)年2月15日
入力者蒋龍
校正者伊藤時也
公開 / 更新2013-04-14 / 2014-09-16
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


わたしはからくりめがねの夢になってしまふたのです
紺の筒袖と色黒ばばさんと
暗いカンテラと
お寺の甃石と
緋の着物に紅繻子の帯を締めた子娘と
さうして五厘の笛と
唐獅子と
わたしはお母さんに抱かれて居たいのです
風船玉が逃げぬやうにぢっと握ってゐたいのです
(銭村五郎)

 前吉は家へ帰って来ると、老眼鏡を懸けて新聞を読んでゐる、おふくろの肩を小突いた。と、力が余って、おふくろは横に倒れさうになった。
「何を無茶するか。」おふくろは一寸怒って前吉の腕を抓った。と、彼は暫く痛いのを我慢してゐたが、急に腕をはづして逆におふくろの腕を抓った。
「これ、痛いよ、お母さんを何と思ふのだ。」と、おふくろは前吉の脛をビシャビシャ叩いて悲鳴をあげる。
「俺だっていてえや。」と前吉はおふくろの頬ぺたに平手打ちを加へる。
 到頭、おふくろは眼鏡をはづして興奮し出した。
「お母さんにむかって何をするのさ、私は心臓が弱いからあんまり怒らすと死ぬるよ。」
 おふくろは形相を変へて眼には涙を滲ませる。
「ババア」
「婆がどうしましたか、こののら息子め、身体ばっかし大きななりして、まるで餓鬼ぢゃないか。」
「ええ、クソババア。」
「おのれ、まだよさぬか。」
 それから暫くは小競合ひが続いてゐたが、不意と前吉は黙って行ってしまふ。
 表に出て近所で煙草を買ふと、四五町さきの喫茶店へ入って、彼は無表情な顔で煙草に火をつける。おふくろはほんとに慍ったのかしら……と彼は少しづつ気になる。しかし家へ帰ればまた喧嘩しさうなのですぐには帰れない。前吉はソーダ水をストローで攪ぜて、ぢっと考へ込む。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko