えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

おさんだいしよさま
おさんだいしょさま
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「定本 野口雨情 第一巻」 未来社
1985(昭和60)年11月20日
初出あの山越えて(原題 山越えて)「講談倶楽部」1925(大正14)年12月、春の月「令女界」1925(大正14)年3月、10月、観音さま「新進商人」1925(大正14)年4月、夜明し千鳥(一部改作)「のきばすずめ」東華書院1925(大正14)年2月、軒端雀「のきばすずめ」東華書院、1925(大正14)年2月、菜の花踊り「行楽」1925(大正14)年4月、娘と船大工「現代」1925(大正14)年4月、恋の巣立ち「婦人倶楽部」1925(大正14)年4月、鴫の声「少女の国」1926(大正15)年1月、笠松機場唄(原題 機場唄)「キング」1926(大正15)年5月、籔鶯「婦人画報」1925(大正14)年1月、梅に鶯「婦人倶楽部」1925(大正14)年2月、武蔵野にて(原題 雲雀の唄)「桂月」1926(大正15)年4月、野雀・雀「令女界」1925(大正14)年12月、人形さんよ「のきばすずめ」東華書院、1925(大正14)年2月、因幡夕焼(原題 因幡の夕焼)「婦人倶楽部」1926(大正15)年1月、行々子(原題 よしきり)「日本詩集 一九二六版」1926(大正15)年5月、鯉の滝登り「雄弁」1926(大正15)年1月、春の来る日「令女界」1925(大正14)年1月、そらとぶ鳥よ「婦人倶楽部」1925(大正14)年11月、踵「抒情詩」1925(大正14)年3月、お百姓生れ(原題 田舎者の唄)「日本民謡」1925(大正14)年9月、麦の芽「婦人画報」1925(大正14)年1月、わしが鳥なら(原題 ヤンレサホイ)「講談倶楽部 臨増」1926(大正15)年5月10日、茶ツ葉「詩人倶楽部」1926(大正15)年4月、鐘になりたや「雄弁」1924(大正13)年11月、秋風「婦女界」1924(大正13)年10月、はぐれ烏(一部改作)「雨情民謡百篇」新潮社1924(大正13)年7月、御山小唄「キング」1925(大正14)年8月、秋の月「婦人世界」1925(大正14)年9月、高原颪「婦人画報」1925(大正14)年1月、豆の花「日本詩集 一九二六版」1926(大正15)年5月
入力者川山隆
校正者noriko saito
公開 / 更新2010-05-12 / 2014-09-21
長さの目安約 18 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

[#ページの左右中央]


おさんだいしよさまは、常陸地方の方言、
三台星のことなり。

おさんだいしよさま
屋根の上
麦搗きや臼の蔭で
杵枕――    (農民歌)

農村の夜更けなどしのばれて、われには
なつかしき星なり。


[#改ページ]

あの山越えて


あの山越えて

おれとゆかぬか
   山越えて
あの山越えて
   ゆかないか

連れてゆくなら
   ゆきもせうが
鬼がゐるから
   おらいやだ




酒はよいもの
お酒は(アラヨー)

酒は(サ)酒は命の(ドンドマンマホイ)
若返り 若返り

命若うすにや
お酒で(アラヨー)

酒で(サ)酒で命が(ドンドマンマホイ)
若返る 若返る


空は夕焼

空は夕焼 酒場は遠い
可愛女でも見にゆこか
  コリヤ デカデカレンレン

可愛女に逢ひたさで見たさで
遠い酒場へ酒飲みに
  コリヤ デカデカレンレン

何をくよくよ酒場の酒で
酔ふて恋した身ぢやないか
  コリヤ デカデカレンレン


夢の鳥

わたしや女の
かなしさに

捨てらりや世間も
狭くなる

女の念力
夢の鳥

夢の鳥ゆゑ
自由な翼

来るなと言ふても
逢ひにゆく


わたしや女よ

わたしや女よ
   可愛の人よ
思ひつめれば
   蛇にもなる

永いこの世に
   短や命
どうせこの世は
   苦の娑婆よ

恋に生きませう
   可愛の人よ
恋は自由よ
   ほんに自由

連れてゆくなら
   鬼棲む国の
遠い世界の
   果までも

辛さこわさを
   可愛の人よ
わたしや思ふて
   恋はせぬ


春の月



紅屋で娘の言ふことにや
(サノ)言ふことにや

春のお月さま薄ぐもり
(ト、サイサイ)薄ぐもり

お顔に薄紅つけたとさ
(サノ)つけたとき

わたしも薄紅つけよかな
(ト、サイサイ)つけよかな



粉屋で妹の言ふことにや
(サノ)言ふことにや

わたしの姉さん薄化粧
(ト、サイサイ)薄化粧

お顔がほんのり桜色
(サノ)桜色

わたしも薄化粧しませうかな
(ト、サイサイ)しませうかな


観音さま


 「わたしや浅草の
     観音さまで――

 「お母さんに話しちや
     いけないよ

 「しかも灯のつく
     たそがれ頃に――

 「言つてあるいちや
     困るだよ

 「屋根の瓦を
     眺めてゐたりや

 「観音さんに話しちや
     いけないよ

 「鳩がお屋根で
     夕ざれた


異国情緒

嫁になりたや
   聟さまほしや
縁が遠くて
   なさけなや
 アラテバヨ アラテバヨ

縁が遠けりや
   おしやれておいで
人目惹かなきや
   縁が来ぬ
 アラテバヨ アラテバヨ

人目惹くさに
   門へ出て見たが
今日も空しや
   日が暮れる
 アラテ…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko