えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

考城隍
こうじょうこう
著者
翻訳者田中 貢太郎
文字遣い新字新仮名
底本 「聊斎志異」 明徳出版社
1997(平成9)年4月30日
入力者門田裕志
校正者松永正敏
公開 / 更新2007-09-15 / 2014-09-21
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 予(聊斎志異の著者、蒲松齢)の姉の夫の祖父に宋公、諱を[#挿絵]といった者があった。それは村の給費生であったが、ある日病気で寝ていると、役人が牒を持ち、額に白毛のある馬を牽いて来て、
「どうか試験にいってくださるように。」
 といった。宋公は、
「まだ試験の時期じゃない。何の試験をするのだ。」
 といって承知しなかった。役人はそれには返事をせずに、ただどうかいってくれというので、しかたなしに病をおして馬に乗ってついていった。
 その路はまだ一度も通ったことのない路であった。そして、ある城郭へいったが、そこは帝王のいる都のようであった。
 しばらくして宋公は、唯ある役所へいった。そこは壮麗な宮殿で、上に十人あまりの役人がいたが、何人ということは解らなかった。ただその中の関帝の関羽だけは知ることができた。
 簷の下に二組の几と腰掛を設けて、その一方の几には一人の秀才が腰をかけていた。そこで宋公もその一方の几にいって秀才と肩を並べて腰をかけた。几の上にはそれぞれ筆と紙とが置いてあった。
 と、俄に試験の題を書いた紙がひらひらと飛んで来た。見ると「一人二人、有レ心無レ心」という八字が書いてあった。そこで二人はそれぞれ、その題によって文章を作って殿上へさしだした。宋公の書いた文章の中には「心有りて善を為す、善と雖も賞せず。心無くして悪を為す、悪と雖も罰せず」という句があった。殿上にいた諸神はそれを見て褒めあった。
 そこで宋公は殿上に呼ばれて、
「河南の方に城の隍の神が欠けている。その方がこの職に適任であるから、赴任するがいい。」
 という上諭があった。宋公はそこで自分は冥官に呼ばれているということを悟った。で、頭を地にすりつけて泣きながらいった。
「寵命を辱うしたからには、どうして辞退いたしましょう。ただ私には七十になる老母があって、他に養う人がありません。どうか老母が天年を終るまで、お許しを願います。」
 上の方にいた帝王の像をした者がいった。
「それでは、老母の寿籍を調べてみよ。」
 そこで鬚の長い役人が帳薄を持って来て紙をめくって、
「人間世界の寿命がまだ九年あります。」
 といった。そして、ちょっと言葉のきれた時、関帝がいった。
「それでは張生を代理にしておいて、九年の後に更代さすがよかろう。」
 そこで宋公にいった。
「すぐ赴任さすことになっておるが、仁孝の心にめんじて、九年の時間をかそう。そのかわり、時間が来たならまた召すから、そう心得よ。」
 関帝は秀才を召して二、三勉励の言葉を用いた。終って宋公と秀才は下におりたが、秀才は宋公の手を握りながら、郊外まで送って来た。秀才は自分で長山の張という者であるといった。秀才はその時詩を作って贈別してくれた。その詩の中に、「花有り酒有り春常に在り。月無し燈無し夜自ら明らか」の句があった。
 宋公はすぐ馬に乗って、…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko