えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

亜細亜諸国との和戦は我栄辱に関するなきの説
アジアしょこくとのわせんはわがえいじょくにかんするなきのせつ
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「福澤諭吉全集 第20卷」 岩波書店
1963(昭和38)年6月5日
初出「郵便報知新聞」報知社、1875(明治8)年10月7日
入力者田中哲郎
校正者富田晶子
公開 / 更新2016-09-10 / 2016-07-27
長さの目安約 12 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 近日征韓の議論新聞紙上に飛雨をなし、世人の耳目も此論題に集るを以て、我儕の論鋒を之に向けること數囘、未だ心に慊らざりしが、福澤君より此論題に關する一議論を寄るに會へり。固より社論と方向を同ふするを以て、之を掲げて本日の社論とす。
 世の中の事に就き輕重大小を見分るは甚だ難きことなり。譬へば爰に一個の人あり、手足に怪我をして流血淋漓たらんには、傍の人皆是を見て驚かざる者なし。醫者よ藥よとて其手當をすることならん。されども其實は深く恐るゝに足らず、捨置くも自然に癒るものなり。又一個の人は其の容貌健なるには非ざれども、さしたる病症も見へず、唯朝夕少しく咳嗽して時々微熱を發する位のことなれば、素人の目には之を病人とも思はずして、動もすれば打捨て置くこと多けれども、其實は肺の病にして必死の期遠からず、幸にして去年の冬を過ごしたれども、今年の春に至て果して斃るゝことあり。
 僅かに身體の事にても斯の如し。況や世の中の人事に於てをや。輕重大小の紛らはしくして處置を誤ること甚だ多し。故に人事を處するには外形に拘はらずして其内情を察し、内實に困難なるものを先にして之を救はざる可らざるなり。
 今日我日本の有樣を太平無事として悦ぶ者は甚だ少なし。學問未だ上達せず、商賣未だ盛ならず、國未だ富まず、兵未だ強からずとて、之を憂るに非ずや。一口に云へば日本は未だ眞に開化の獨立國と稱す可らずとて之を心配することなり。此心配を抱く者は獨り政府の役人のみならず、凡そ此國に生れて國に叛くの惡心なきより以上の者は、共に此心配を與にする筈なり。此一段に至ては國内の人民、上下の別なく、華士族も平民も、目暗らも目明きも、學者も役者も、敵も味方も、異頭同心に一方に向ふことならん。
 今この國の獨立如何の心配ある其源を尋るに、我日本は亞細亞洲の諸國に對して其輕蔑を受るが爲歟、我學問の彼に及ばざるが爲歟、我商賣の彼に劣るが爲歟、我兵の彼より弱きが爲歟、我富の彼に若かざるが爲歟、是等の箇條に於ては我輩一も彼に恥るものなし。我輩の思ふ所にては、我日本は亞細亞の諸國に對して一歩をも讓らざる積りなり。されば我國の獨立如何の心配は別に源因を求めざる可らず。即ち其源因は亞細亞にあらずして歐羅巴に在るなり。
 虚心平氣、以て我國の有樣を詳にし、之を歐米諸國の有樣に比して、學問の優劣、商賣の盛否、國の貧富、兵の強弱を問はゞ、殘念ながら今日の處にて我は未だ彼に及ばずと云はざるを得ず。然り而して學問と商賣と國財と兵備とは一國獨立の元素なれば、彼に對して此物に欠典ありとすれば、我國の獨立如何は唯歐米諸國に對して心配あるのみ。故に今我邦の困難事は一概に外國交際に在りと云ふ可らず。余輩は此外國の字義を狹くして歐米諸國との交際に付き困難ありと云はざるを得ざる也。
 近來世間に洋學の道開けたりと雖ども、我國人は彼に學ぶのみにして未だ彼…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko