えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

其中日記
ごちゅうにっき
副題11 (十一)
11 (じゅういち)
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「山頭火全集 第八巻」 春陽堂書店
1987(昭和62)年7月25日
入力者小林繁雄
校正者仙酔ゑびす
公開 / 更新2009-12-09 / 2014-09-21
長さの目安約 51 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

   自省自戒
節度ある生活、省みて疚しくない生活、悔のない生活。

孤独に落ちつけ。――
物事を考へるはよろしい、考へなければならない、しかしクヨクヨするなかれ。
貧乏に敗けるな。――
物を粗末にしないことは尊い、しかも、ケチケチすることはみじめである、卑しくなるな。
酒を味へ。――
うまいと思ふかぎりは飲め、酔ひたいと思うて飲むのは嘘である。

水の流れるやうに、雲の行くやうに、咲いて枯れる雑草のやうに。

自然観賞、人生観照、時代認識、自己把握、沈潜思索、読書鑑賞。

句作、作つた句でなくして生れた句、空の句。

『身に反みて誠あれば楽これより大なるはなし』(孟子)

 八月一日 晴。

早起して散歩した、夏山の朝のよろしさ。
省みて恥多く悔多し。
借金ほど嫌なものはない、その嫌なものから、私はいつまでも離れることが出来ない。
午後また散歩、W店でまた一杯。
暑い暑い、うまいうまい、ありがたいありがたい。
モウパツサンを読む、彼の不幸を思ふ。

 八月二日 晴。

けさも早起して散歩。
おちつけ、おちつけ。
身辺整理、といふよりも身心整理。
ライクロフトの手記を読みなほす、ギツシングと私との間には共通なものがあるらしい。
夜、しみ/″\秋を感じた。
どうやらかうやら私はスランプから抜け出たらしい。
とにかく銭がないことはさみしい、いや、悩ましい、払はなければならないものが払へないのはほんたうに苦しい。

 八月三日 晴。

早起、仰いで雲を観、俯して草を観る。
Sへ。――
汽車賃がないから歩いて行く、樹明君に事情を話して、手土産としてラツカース二罎借りる。……
寂しい悲しい訪問だつた。
泊る、東京から小さいお客さんが数人来てゐてうるさかつた。
酒はうまかつた。

 八月四日 晴。

朝早く防府へ。――
佐波川で泳ぐ。
M君を訪ねる。
午後、徳山へ。――
途中、富海に下車して、追憶をあらたにした。
酔うてゐる間だけ楽しい。
白船君を訪ふ、忙しいので宿屋に泊めて貰ふ、たゞ/\酔うてゐる間だけが楽しい。

 八月五日 晴。

午近くなつて帰途につく。
再び富海に下車して海に浸る。
白船君は落ちついてゐる、漣月君は元気いつぱいだ、さて私は。――
三田尻駅で、東路君に逢ふ、飲む、酔ふ、泊る。

 八月六日 晴。

東路君来訪、朝から飲む、そして酔ふ。
夕方の汽車で帰庵。

 八月七日 晴。

終日臥床、沈欝たへがたし。

 八月八日 晴、立秋。

身心不安、たへきれなくなつて街へ、酔ひつぶれた。

 八月九日 晴。

茫々として。――

 八月十日 晴。

おなじく。

 八月十一日 晴。

暑い/\。
街の米屋へ出かける、死なゝいかぎりは食べなければならない。
途上で暮羊君に出くわす、午後、同君がビールやら何やら持ちこんで来て、IさんJさんもやつて来て、愉快に…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko