えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

其中日記
ごちゅうにっき
副題12 (十二)
12 (じゅうに)
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「山頭火全集 第八巻」 春陽堂書店
1987(昭和62)年7月25日
入力者小林繁雄
校正者仙酔ゑびす
公開 / 更新2009-12-15 / 2014-09-21
長さの目安約 30 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

知足安分。

他ノ短ヲ語ル勿レ。
己ノ長ヲ説ク勿レ。

応無所住而生其心。

独慎、俯仰天地に愧ぢず。

色即是空、空即是色。

誠ハ天ノ道ナリ、コレヲ誠ニスルハ人ノ道ナリ。

 一月一日 晴――曇、時雨。

午前中は晴れてあたゝかだつたが、午後は曇つて、時雨が枯草に冷たい音を立てたりした。
――別事なし、つゝましくおだやかな元日であつた(それが私にはふさはしい)。
賀状いろ/\、今年は少い、緑平老よ、ありがたう、独酌のよろしさ(鰯の頭をしやぶりながら!)。
餅もある、餅のうまさが酒のうまさを凌がうとする。
終日、独坐無言。――

 一月二日 晴れたり曇つたり、しぐれたり。

をり/\しぐれてしめやかな一人正月であつた。
今日は新聞のない日(関西の新聞聯合申合で休刊)、そのことだけでもさびしい/\。
――求めず(たとへば平安を)、貪らず(たとへばアルコールを)、あるがまゝに、なるがまゝに生きぬかう。
今日も独坐無言だつた!

 一月三日 曇。

寒気りんれつ、小雪ちらほら。
炭火のうれしさ、餅のおいしさ(今朝は食べる物がないので、仏壇のお供餅を頂戴した)。
鶲がさびしさうに啼いて遊ぶ、さびしいお正月だ。
午後、米買ひに街へ出かける、寒いことだけが正月風景らしい、今年最初のコツプ酒一杯!
今日も独坐無言のつもりだつたが、夕方になると、たうとうやりきれなくなつて、湯田温泉へ、――S屋に泊る。
途上で、美しい兄妹風景を見た、そして宿屋では、あさましい痴情風景を見せつけられた。
夜は同宿の植木屋老人に誘はれて諸芸大会見物、二十銭の馬鹿笑である。
咳が出て困る、感冒がこぢれてどうやら喘息らしくなる、睡れないのは苦しいが、苦しくてもこらへる外ない。

 一月四日 曇。

早朝、入浴して、そして二三杯ひつかける。
身心何となく不調、焼酎のたゝりらしい、慎むべきは火酒を呷ることだ、省みて、自分の不節制に驚く。
午後、無事帰庵。
やつぱり自分の寝床がどこよりもよろしい!
朝湯極楽 朝酒浄土
醒めりや地極の鬼が来る

個人を不幸にするもの、私を意味なく苦悩せしめるものは――
  暴飲
  借金
今年の私はこの二つの悪徳から脱却しなければならない。

年をとつて、貧乏すると、食意地だけになる、我ながらあさましいけれど疑へない事実だ。

 一月五日 時雨。

めづらしく朝寝した、肉身をいたはつて臥床。
喘息らしい、それもよからう、からだが病めば、こゝろがおちつく自信を私は持つてゐる。

 一月六日 雪しぐれ。

今にも雪が降りだしさうな、――降りだした。
寒の入、寒らしい寒さだ(一昨冬の旅をおもひだす)。
昨日も今日も独坐無言。――

 一月七日 曇。

雪、雪、寒い、寒い、身も心も冷える。……
――人を憎み物を惜しむ執着から抜けきらない自分をあはれむ。――
終日不動、沈黙を守る、…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko