えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

『黒影集』の序詞
くろかげしゅうのじょし
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「伝奇ノ匣6 田中貢太郎日本怪談事典」 学研M文庫、学習研究社
2003(平成15)年10月22日
初出「黒影集」新生社、1921(大正10)年
入力者川山隆
校正者門田裕志
公開 / 更新2009-09-13 / 2014-09-21
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 伝奇物語に興味を有する私は、折にふれて支那の随筆小説を読んだ。読むと云っても、もともと消閑の具としてであるから、意の赴くままに眼の行くままに読むと云う有様で、巻を追うて通読したと云う物は殆ど無いが、それでも長い時間の間には、かなり読んだ。そんなことで、時とすると怪譚に筆を著けることがあって、既に『怪談』と云う小冊子まで作っているが、雑駁で不統一で、どっちから云っても欠点だらけだし、その上、後からも同種類の材料が出来たので、怪談の中からも取り、又、他の冊子へ収めてある物を取って、それを交えて更めて一冊とすることにした。しかし、これとして醇粋な物とは云えないが、はじめの物よりは、幾等か内容が豊富なのが取得であろうと思う。
 編中の物語は、創作、半創作、伝説、筋書などで、大正の雨月とするには、まだまだ段階の多いのを恥ずる次第である。が、そして、この冊子の中で、土佐に関する伝説の多くは、土佐佐川町川田信義君の蒐集していた物である。私はこの冊子の刊行に際して、その材料を提供してくれた同君に感謝の意を表するのである。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko