えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

魚と蠅の祝日
うおとはえのしゅくじつ
著者
翻訳者松村 みね子
文字遣い新字新仮名
底本 「かなしき女王 ケルト幻想作品集」 ちくま文庫、筑摩書房
2005(平成17)年11月10日
入力者門田裕志
校正者匿名
公開 / 更新2012-07-07 / 2014-09-16
長さの目安約 7 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 コラムは三日のあいだ断食した。口に入れるものとては、あけがたにひと口の割麦、ひるに一片の黒パン、日の入る頃に藻草のひと口といっぱいの泉の水、それだけであった。三日の夜、コラムの部屋にオランとキイルが来た。コラムは跪いて一心に祈っていた。部屋には、かすかにささやくコラムの脣の音と、土を塗った壁の上に一疋の蠅がいて物うげにうなっている声と、それよりほかに音もなかった。
 オランはあわれみと惶れと交った低い優しい声で呼びかけた「師よ、師よ」
 コラムは聞かなかった。口はまだ動いていた、下脣のしたにもつれた髭は弱々しい息とともにふるえた。
 女のように物やさしいキイルが呼んだ。
「父よ、父よ」
 コラムは壁から眼を動かさなかった。蠅はあらい壁土の上にねむそうな声でうなっていた。しばらくは、ぐずりぐずり這っていたが、やがて動かなくなった。ぶんぶんいうゆるやかな暑い声が部屋いっぱいに聞えた。
 オランが言った「師よ、兄弟たちのお願いです、断食をお止め下さい。あなたは御老年です、神様はもう十分に御栄を得られましたから、どうぞ私どもを安心させて下さい」
 コラムは気がつかないらしく跪いて、灰色の髭の上の脣をうごかしていた、白い髪はまるい石の上から滑りおちる吹雪のように頭から乱れ落ちていた。
 キイルは言葉を添えた「父よ、父よ、あわれんで下さい、私たちは饑えかわくようにあなたのお顔を見たがっております。もう私たちはこのうえ断食をつづけることは出来ませんが、そうかといって、あなたがおいで下さらなければ食事いたす気にもなれません。どうぞ聖者よ、私たちの仲間におはいりになって、おいしく[#挿絵]えている魚をあがって下さい。私たちはあなたのお眼の祝福を待ち切っています」
 その時コラムは漸く立ってゆっくりと壁の方に歩いて行った。
「小さい黒い生物」コラムはねむたそうに唸ってすこしも動かずにいる蠅に言った「小さい黒い生物、お前が何者であるか私はよく知っている。お前は私の祝福を得るつもりでいるのだろう、私の霊魂をまどわすために地獄からやって来たくせに」
 そう言うと蠅はおもたそうに壁から飛びはなれて「しろき」コラムの頭のまわりをゆるやかに飛び廻った。
「お前はこれをどう思う、兄弟オラン、兄弟キイル」ながい断食と身の疲れのために枯れがれになった低い声で訊いた。
「悪魔でしょう」オランが言った。
「天の御使でしょう」キイルが言った。
 そうすると蠅はふたたび壁にとまって、ねむたい暑い唸りごえを立てはじめた。
 コラムは眼中にきつい色を見せて言った。
「小さい黒い生物、お前がここに来たのは平和のためか、それとも罪のためか、父と子と聖霊のおん名に依って命ずる、返事をしろ」
 壁のうえの蠅はそのとき天井に飛んで行き、くるくると輪を描いて飛んだ。蠅はうつくしい歌をうたった。

神はほむべきかな、ほ…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko