えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

ウスナの家
ウスナのいえ
原題THE HOUSE OF USNA
著者
翻訳者松村 みね子
文字遣い新字新仮名
底本 「かなしき女王 ケルト幻想作品集」 ちくま文庫、筑摩書房
2005(平成17)年11月10日
入力者門田裕志
校正者匿名
公開 / 更新2012-11-04 / 2014-09-16
長さの目安約 36 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

はしがき

 コノール・マック・ネサは西歴の始めごろ、アルスタアの王であって、同時に愛蘭諸王の盟主であった。ある歴史家の言に依れば、コノール王の治世はちょうどキリストが人間としてこの世に在った頃と同時だろうということである。
 コノールはレッド・ブランチと名づけられた騎士の一団をつくり――これは主として史詩にのみ唄われているが、実はアーサア王のラオンド・テーブルの先駆とも云うべきものであった――彼の人格と国民の勢力に依って(彼の国民は Ultonians と呼ばれていた)愛蘭全国の王となり、国内の諸国を合せて一国となし、永久に彼と彼の子孫がその上に君臨すべき希望を持っていた。
 そういう希望を持ちながら、コノールは予言者の予言も神々の意志も眼中に置かなかった。長いこと計画していたことであったが、彼は残忍な卑怯な手段を以て蘇格蘭のゲエル人の勇士ナイシイとその二人の弟たちを殺した、彼等の父なる勇将ウスナは在世中つねにコノールの味方であり、戦争にも平和にもいつも彼と行動を共にしていた人であったが。この劇の時代は、デヤドラとウスナの子たちの伝説に語り伝えられているデヤドラの出奔から四年ほど経った頃である。もっと明瞭な時をいえば、コノール王の大事に育てていたデヤドラ(其時代の最も美しかった婦人で、其誕生当時すでに大なる不幸が予言されてあったにも拘らず、コノールは彼女を自分の王妃とする心算でいた)をナイシイが愛し、デヤドラがナイシイを愛した為にコノールはその執念ぶかい恨を晴らすためナイシイ及びその二人の弟たちを殺してしまった、その翌年の事である。
 王としてあるまじきこの不面目なる行為のため、コノールの嗣子コルマック・コンリナスは他の将軍たちと共にコノールを捨てて、王の強敵メーブ女王の軍に投じた、女王はその時中部及び西部の諸軍を率いてコノール王のアルトン国を攻めに行く中途であった。この時、勇士コナイル・カルナ及び彼の有名なる少年英雄クウフリンの二人だけはコノール王に信義を守って敵方に行かず、神々の御心に背いてまでも花々しく勇戦したのであった。
 ちょうどこの時、コルマック・コンリナスは再びコノール及びレッド・ブランチ党を援けるために帰国しようと決心したのであったが、琴手クレーヴシンの妻に対する深い愛を捨てかねて、彼女と二人、クレーヴシンのために焼き殺されてしまった。
 この劇の始まる時、コノールはデヤドラに対する癒しがたき失恋の為、また不名誉なる復讐と其結果のため、殆ど狂気になろうとしているのであるが、彼と彼の家また彼の国にこの新しい不幸が来たことをまだ知らないのである。真実のことを言えば、国の南に北に西に東に渡る血の中に愛蘭の星の沈む時がもう眼の前に迫っているのであった。
[#改ページ]



コノール・マック・ネサ アルスタアの王にして愛蘭の大王
デュアック   …

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko