えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

安吾新日本風土記
あんごしんにほんふどき
副題01 「安吾・新日本風土記」(仮題)について
01 「あんご・しんにほんふどき」(かだい)について
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「坂口安吾全集 15」 筑摩書房
1999(平成11)年10月20日
初出「中央公論 第七〇年第一号」中央公論社、1955(昭和30)年1月1日
入力者砂場清隆
校正者塚本由紀
公開 / 更新2014-12-01 / 2014-11-14
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


挨拶

 予告して申し上げるほどの言葉はまだないのです。しかしとにかく土地々々には生き生きと働く人々は云うまでもなく町や風物や山河や歴史にもそれぞれ自らを語っている個性的な言葉があるもので、私はそれを現地で見また聞きわけたいと思っているだけです。そしてそれを私自身の生存の意義と結び合せ、私自身の言葉で語り直してみたいと思っているだけです。何を見て何を聞きわけてくるかは現地へ行ってみるまでは私自身にも見当がつかないのです。この前文藝春秋へ書いた安吾新日本地理と同じように何を書くかという一貫した狙いは今度もありませんが、あのころに比べると飛行機があったりして旅行が楽になったし時日も充分にかけてくれと中央公論の申出もあるので、見こぼれ聞きこぼれがないように念を入れ手間をかけてやります。すべてを我流でやるのですから見方の相違はやむを得ませんが多少とも愛読をうれば幸福です。
以上



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko