えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

(和)茗荷
(わ)みょうが
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「明治の文学 第3巻 三遊亭円朝」 筑摩書房
2001(平成13)年8月25日
入力者門田裕志
校正者noriko saito
公開 / 更新2009-07-22 / 2014-09-21
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より




 或旅宿の亭主が欝ぎ込んで、主「何うも宿泊人がなくつては仕やうがない、何とか旨い工夫は無いものか知ら……ウム、日外お説教で聞いた事が有る釈迦如来のお弟子に槃特と云ふがあつて、至つて愚鈍にして忘れつぽい……托鉢に出て人にお前さんの名はと聞かれても、自分の名さへ忘れると云ふのだから、釈迦如来が槃特の名を木札に書き、之を首に懸けて托鉢に出したと云ふ、其の槃特が相果てゝから之を葬ると、其墓場へ生えたのが茗荷だと云ふ事だ、されば「名を荷ふ」と書いて「めうが」と読ませる、だから茗荷を喰へば馬鹿になる、今度お客が泊つたら茗荷を喰はせよう、さうしたら無闇に物を忘れて行くだらう、ナニ此方は泥坊を仕たのぢやアないから罪にはならねえや。頻に考へ込んで居る処へ、客「ハイ御免なさい。主人「へい是はいらつしやい。客「此の両掛を其方へお預かり下さい。主人「へい/\畏りました。客「お湯が沸いて居りますかな。主人「エヽ沸いて居ります…奥の二番へ御案内申しなよ。客「エヽ此莨入は他人からの預物ですから其方へお預りなすつて、夫から懐中に些とばかり金子がありますが、是も一緒にお預りなすつて。主「へい/\畏りました。是から湯に這入る、御膳が出る、お汁も向附も皆茗荷尽目。客「ハア妙な家だ。と思ひながら御飯を済まして褥に就く。翌朝になると早々に彼の客人は立つて了つた。妻「モシお前さん。主「エヽ。妻「彼のお客は忘れて行つたね。主「何うだ奇態なものだらう、茗荷を喰ふと馬鹿になると云ふが、実に不思議なもんだな。妻「本当にさうだね。話をして居る処へ彼の客人がせつせと帰つて来て、客「おい/\あのね、今田圃まで出て肩を取換へようと思つてやると両掛が無いので驚いた、余り急いだので両掛を忘れました。妻「おやまア是に御座います、遂私の方でも心附きませんでした。客「ナニ是さへあれば大丈夫。と行つて了つた。妻「はー、私は彼奴が取りに来た時恟りしましたよ、だけれども未だ莨入を忘れて行つたよ。主「だからよ、不思議ぢやねえか。客「おい御亭主。主「おやお帰りなさい。客「アノ今ね、田圃へ出て一服やらうと思つて気が附いた、莨入を忘れて出かけたのを…………。主「ヘイ、成程、此品で御座いますか。客「ウム、是さへあれば大丈夫だ。主「ウフ……両掛と莨入を持つて行つても、肝心の胴巻を忘れて行きやアがつた、何でも百両から有るやうだぜ、妻「何うも本当に奇妙だね、主「おや又帰んなすつた。客「昨夜お前さんに預けた、アノ胴巻を出して呉んな。主「はい/\此品で御座いますか。客「イヤこれを忘れちや大事だ、アヽ有難い、はい左様なら。主「ア、行つちまつた。妻「あれだけ茗荷を喰はせて何を忘れたんだらう。主「ヤ、彼奴め、昨夜の宿泊料を払ふのを忘れて行きアがつたんだわえ。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko