えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

黄金餅
こがねもち
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「明治の文学 第3巻 三遊亭円朝」 筑摩書房
2001(平成13)年8月25日
入力者門田裕志
校正者noriko saito
公開 / 更新2009-09-18 / 2014-09-21
長さの目安約 10 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 ずツと昔時芝の金杉橋の際へ黄金餅と云ふ餅屋が出来まして、一時大層流行たものださうでござります。何ういふ訳で黄金餅と名けたかと申すに、芝将監殿橋の際に極貧の者ばかりが住で居る裏家がござりまして金山寺屋の金兵衛と申す者の隣家に居るのが托鉢に出る坊さんで源八と申す者、近頃何う致したのか煩つて寝て居るから見舞てやらうと金兵衛が出て参り、金「御免なさいよ。源「アヽ御入来なさい。見ると煎餅のやうな薄つぺらの蒲団で爪で引掻くとポロ/\垢が落る冷たさうな蒲団の上に転がつて居るが、独身者だから薬一服煎じて飲む事も出来ない始末、金「私はね今日はアノ通り朝から降りましたので一日楽を仕ようと思つて休んだが、何うも困つたもんですね、何ですい病気は。源「ハツ/\いえもう貴方、年が年ですから死病なんでせう。金「お前さん其様な気の弱い事を云つちやアいけませぬ、石へ獅噛附ても癒らうと云ふ了簡で居なくツちやアいけませぬよ。源「いえ私はそら六十四ですもの。金「ナニ八十になつても九十になつても生きてる人は生きて居ます、死にたいからつて死なれるものぢやないから確かりして居なくツちやア。源「有難う存じます、毎度御親切にお見舞下すつて。金「お前さん医者に掛つたら何うです。源「いえ掛りませぬ。金「其様な事を云はないでさ、此奥の幸斎先生は大層上手だてえから呼んで来て上げませうか。源「いえいけませぬ、いけませぬ、ハツ/\医者に掛るのも宜うがすが、直と薬礼を取られるのが残念ですから。金「医者に掛れば是非薬礼を取られますよ併し夫が厭なら買薬でもしなすつたら。源「買薬だツて薬違でもすると大事になりますからまア止しませう、夫より私は喫べて見たいと思ふ物がありますがね。金「何です、遠慮なく然うお云ひなさい、私が買つて来て上げませう、何様な物が喫べたいんです、何うも何だツて沢山は喫べられやしますまい。源「アノ私は大福餅か今坂のやうなものを喫べて見たいのです。金「餅気のものを沢山喰ちやア悪くはありませぬか。源「いえ悪くつても構ひませぬ。金「ぢやア買つて来ませう、二つか三つあれば宜いんでせう。源「いえ、何卒三十ばかり。金「其様なに喰へやアしませぬよ。源「ナニ喰へますから、願ひたいもので。金「ぢやア買つて来ませう。直に出かけたが間もなく竹の皮包を二包持て帰つて参り、金「サ買つて来たよ。源「アヽ、有難う。金「サ、お湯を汲んで上げるからお喫べ、夫だけはお見舞かた/″\私が御馳走して上げるから。源「ハツ/\何うも御親切に有難う存じます、何卒貴方お宅へ帰つて下さいまし。金「帰らんでも宜いからお喫りな、私の見て居る前で。源「夫がいけないので、私は子供の時分から、人の見て居る前では物は喰はれない性分ですから、何卒帰つて下さい、お願ひでございますから。金「あい、ぢやア帰るよ、用があつたらお呼びよ、直に来るから。と金兵衛は宅へ帰つたが考へた…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko