えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

七福神詣
しちふくじんまいり
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「明治の文学 第3巻 三遊亭円朝」 筑摩書房
2001(平成13)年8月25日
入力者門田裕志
校正者noriko saito
公開 / 更新2009-08-05 / 2014-09-21
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

「元日や神代のことも思はるゝ」と守武の発句を見まして、演題を、七福神詣りとつけましたので御座ります。まづ一陽来復して、明治三十一年一月一日の事で、下谷広小路を通る人の装束は、フロツクコートに黒の山高帽子を戴き、玉柄のステツキを携へ、仏蘭西製の靴を履き、ギシリ/\とやつて参りハタと朋友に行逢ひまして、甲「イヨーお芽出たう、旧冬は何かと。乙「ヤお芽出たう存じます、相変らず、君は何所へ。甲「僕は七福神詣に行くんだ。乙「旧弊な事を言つてるね、七福神詣といへば谷中へ行くんだらうが霜どけで大変な路だぜ。乙「なアに誰があんな所へ行くもんか、まア君一緒に行き給へ、何処ぞで昼飯を附合給へ。乙「そんなら此所から遠くもないから御成道の黒焼屋の横町さ。甲「解つた、松葉屋のお稲の妹の金次が待合を出したと聞きましたが。乙「未だ僕は家見舞に行ず、年玉の義理をかけてさ。甲「好し/\。と直に松葉屋へ這入ると、婢「入らつしやい、お芽出たうございます、相変らず御贔屓を願ひます、モシ、ちよいと御家内さん、福富町の旦那が。家内「おや、旦那好くお出でなさいましたね、金吹町さんまア好く入らつしやいましたね、今年は元日から縁起が好い事ね。乙「時に昼飯の支度をしてちよいと一杯おくれ。家内「松源か伊予紋へ申付ます、おや御両人様からお年玉を有難うございます、只今直に、私は元日からふく/\です事よ。と下へ降りて行く。乙「其の福々で思ひ出したが、七福廻と云ふのは一体君は何処へ行くんだ。甲「僕の七福廻りといふのは豪商紳士の許を廻るのさ。乙「へ、へ――何処へ。甲「第一番に大黒詣を先にするね、当時豪商紳士で大黒様と云ふべきは、渋沢栄一君だらう。乙「なーる程、にこやかで頬の膨れてゐる所なんぞは大黒天の相があります、それに深川の福住町の本宅は悉皆米倉で取囲てあり、米俵も積揚て在るからですか。甲「そればツかりぢやアない、まア此の明治世界にとつては尊い御仁さ、福分もあり、運もあるから開運出世大黒天さ。乙「成程、子分の多人数在るのは子槌で、夫れから種々の宝を振り出しますが、兜町のお宅へ往つて見ると子宝の多い事。甲「第一国立銀行で大黒の縁は十分に在ります。乙「そんなら蛭子は何所だい。甲「馬越恭平君さ。乙「へー何う云ふ理由です。甲「ハテ恵比寿麦酒の会社長で、日本で御用達の発りは、蛭子の神が始めて神武天皇へ戦争の時弓矢と酒や兵糧を差上げたのが、御用を勤めたのが恵比須の神であるからさ。乙「成程、そこで寿老神は。甲「安田善次郎君よ、茶があるからおつな頭巾を冠つて、庭を杖などを突いて歩いて居る処は、恰で寿老人の相があります。乙「シテ福禄寿は。甲「ハテ品川の益田孝君さ、一夜に頭が三尺延たといふが忽ち福も禄も益田君と人のあたまに成るとは実に見上げた仁です、殊に大茶人で書巻を愛してゐられます、先日歳暮に参つたら松と梅の地紋のある蘆屋の釜を竹自在に吊…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko