えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

林檎のうた
りんごのうた
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「燈火節」 月曜社
2004(平成16)年11月30日
入力者竹内美佐子
校正者伊藤時也
公開 / 更新2010-11-22 / 2014-09-21
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


麦の芽のいまだをさなき畑に向く八百屋の店は一ぱいの林檎
深山路のもみぢ葉よりも色ふかく店の林檎らくれなゐめざまし
立ちて見つつ愉しむ心反射して一つ一つの林檎のほほゑみ
みちのくの遠くの畑にみのりたる木の実のにほひ吾を包みぬ
手にとればうす黄のりんご香りたつ熟れみのりたる果物の息
すばらしき好運われに来し如し大きデリツシヤスを二つ買ひたり
宵浅くあかり明るき卓の上に皿のりんごはいきいきとある
わがいのる人に言はれぬ祈りなどしみじみ交る林檎のにほひ
人多く住みける家をおもひいづ林檎をもりし幾つもの皿
饗宴のをはりしあとの静かさに時計を聴きぬ電気さやけく



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko