えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

舞姫
まいひめ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「日本の名随筆 別巻55 恋心」 作品社
1995(平成7)年9月25日
入力者門田裕志
校正者noriko saito
公開 / 更新2010-02-01 / 2016-01-19
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 お[#挿絵]! ローザ、トリアニ。リヨンのオペラ座、第一の舞姫、ローザ、トリアニ。
 われ始めて、番組の面に、第一位舞踏者なる位付けせし、君が名を読みし時、お[#挿絵]、ローザ、トリアニ。われは暖き伊太利亜より来ませし姫かと疑ひぬ。君がふくやかなる長き面は、誰が目にも、まがうかたなきフランスの姫ならざりしか。舞台に出るフランスのかゝる技芸家は、好みて伊太利亜綴りの芸名を用ゆと覚ゆ。伊太利亜つゞりは、まこと、耳にさはやかなり。お[#挿絵]、ローザ、トリアニ!
 そも、われの始めて君を見まつりしは、其の年の秋、君が未だリヨン市設のオペラ座の舞台に出で給はざる前なりし。ローン河に横はる橋々の袂に、其の年の初演奏はワグナーのワルキール、次の夜にはグノーがフオーストとの予告は出でたり。われは初めて見るリヨンのオペラ、巴里の其れにくらべばや人より先きによき席を得んとて、本屋、小間物屋の店、勧工場の如く連りし劇場の柱太き廻廊を、札売る方に進み行きし時、われは初めて君を見まつりしなり。お[#挿絵]、ローザ、トリアニ!
 其の時、君は形余り大ならざる帽を後ざまに、いともはでなる弁慶縞なす薄色地の散歩着を着給ひぬ。夕暮の急ぐ人、狭き廻廊を押合ひ行く中に、君が衣服の縞柄の、如何にわが目を引きたりし。君は恋の絵葉書売る店先に、媼と立ちて語り給ふ。われは近く寄進みて、君が面を見まもりき。お[#挿絵]、ローザ、トリアニ!
 君が面は恐しきまで美しく、頬の紅、唇の紅にてかざられき。恐しきまで美しとは、かゝる化粧の技は、よく物事わきまへぬ妻、娘の、夢企て及ぶべき処ならねば。何とは云はん、われにして、若し若干の富を抛たしめば、今宵を待たず、君と共に一杯の美酒を傾け得べしと思ひぬ。妄想は忽ち、わが慾深き眼を、ひたすら、君が衣服につゝまれし形体のいみじさに移らしめぬ。肩より腰、かゝるいみじき肉の誇りは、飢に追はれ餌につかれし世の常の遊び女には見得べからず、幸ありしよ、われは。われは先取の権を得ばやと、狼の如く君が立去る後に従ひぬ。君が姿は廻廊を後に、暗く狭き楽屋の戸口に消えぬ。そこには大道具の書割をつみたる荷馬車ありき。お[#挿絵]、ローザ、トリアニ!
 われは初めて、こゝに君がフランスの芸壇に出るアルチストなる事を悟りぬ。及びもつかぬわが望みの果敢さを悲しみぬ。ワルキールの夜には、(ワグナーのかたくなゝる事よ)舞踏なければ、われは徒に、ソプラノの姿より数多き女戦士の一人一人を見まもりぬ。フオーストの夜に至りて、われは漸く君を見出し得たり。四幕目、誘惑の魔の岩屋にて、目くるめく遊仙窟の舞台、妙なる楽の音につれて現れ出し時、君は、明き灯の下に、あまた居並び、横りたる妖女の頭に立ち給ひき。君は透見ゆる霞の如き薄紗の下に肉色したる肌着をつけ給ひたれば、君が二の腕、太腿の、何処のあたりまでぞ、唯一人君…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko