えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

土達磨を毀つ辞
つちだるまをこぼつじ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「飯待つ間」 岩波文庫、岩波書店
1985(昭和60)年3月18日
初出「ホトトギス 第二巻第一号」1898(明治31)年10月10日
入力者ゆうき
校正者noriko saito
公開 / 更新2010-05-27 / 2014-09-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 汝もといづくの辺土の山の土くれぞ。急須となりて茶人が長き夜のつれづれを慰むるにもあらねば、徳利となりて林間に紅葉を焚くの風流も知らず。さりとて来山が腹に乗りて物喰はぬ妻と可愛がられたる女人形のたぐひにもあらず。過去の因業いまだ尽きず、拙きすゑものつくりにこねられてかかる見にくき姿とはなりける。むつかしき頬ふくらしてひたすらに世を睨みつけたる愛嬌なさに前の持主にも見離され道端の夜店に埃をかぶりて手のなき古雛と共に淋しく立ち尽したるを八銭に代へて連れ帰り、新世帯の床の間に行脚の蓑笠に添へて安置したるは汝が一世の曠なるべし。然りしより後汝と一室を共にして相対することここに七年、朝にながめ、夕にながめ、書に倦みたる春の日、文作りなづみし秋の夜半、ながめながめてつくづくと愛想尽きたる今、忽ち破れ団扇と共に汝を捨てんの心切なり。世に用あるものは形の美醜を問はず、とぢ蓋もわれ鍋に用ゐられ悪女も終には縁づく時あり。汝無用の長物にしてしかも人に憎まれくらさんはなかなかに罪深きわざなめるを、我固より汝に恨なし、今汝を捨つるとも汝かまへて我を恨むべからず。捨てんか捨てんか、捨てたりともしろかねの猫にあらねば門前の童子もよも拾はじ。売らんか売らんか、売りたりとも金箔の兀げたる羽子板にも劣りていたづらに屑屋に踏み倒されん。如かず椽先の飛石に投げうつて昔に返る粉な微塵、宿業全く終りて永く三界の輪廻を免れんには。汝もし霊あらば庭下駄の片足を穿ちて疾く西に帰れ。
蚯蚓鳴くや土の達磨はもとの土
〔『ホトトギス』第二巻第一号 明治31・10・10〕



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko