えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

不思議の国のアリス ミュージカル版
ふしぎのくにのアリス ミュージカルばん
原題ALICE IN WONDERLAND: DREAM-PLAY
著者
翻訳者大久保 ゆう
文字遣い新字新仮名
入力者大久保ゆう
校正者
公開 / 更新2009-12-24 / 2015-06-19
長さの目安約 68 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

【キャスト】(登場順)

 アリス
 妖精たち
 白ウサギ
 芋虫
 公爵夫人
 コック
 チェシア猫
 帽子屋
 弥生ウサギ
 ヤマネ
 トランプの兵隊
 ハートのクイーン
 ハートのキング
 ハートのジャック
 処刑人
 グリフォン
 ウミガメフーミ

 白のチェスのコマたち
 白のクイーン
 白のキング
 ユリ
 バラ
 赤のクイーン
 チードルダン
 チードルデー
 セイウチ
 大工
 ハンプティダンプティ
 赤のチェスのコマたちと馬
 赤のキング
 ライオン
 ユニコーン
 羊の肉
 ウェイターたち
 プディング


【台本】

◆第一幕「不思議の国」

 時は秋、場所は森。アリスがある木の根本で眠っていると、妖精が現れ、アリスの周りをひらひらと踊り出す。

 〈うた:妖精たちのコーラス〉
  お眠りなさい、輪のなかで
  小鳥と蜂の子守歌
  こんな森でも大丈夫
  この木の下は、妖精たちのたまり場だから
  お眠りなさい、アリスちゃん
  小川と山の魔法歌
  寝てるあなたを守るから
  起きたらそこは、不思議の国の夢のなかだよ

 妖精たちはアリスの左右に分かれ、コーラスの声は優しく遠のいてゆく。場所は変わり、不思議の国のどこかの庭。わきの方に大きなキノコがあり、その上で芋虫が煙管をふかしている。アリスは目を開けると、何が何だか分からないというふうに、あたりをうろちょろする。そこへ白いウサギがあわてたていで、前を横切ってゆく。

アリス あの、よろしくて?

 白ウサギは通りすぎ、その際に白手袋と扇を落としていく。

アリス もし! もし! 今日はへんてこなことばかり。でも昨日はいつも通りうまくいっていたわ。もしや夜のうちにあたくしの身に何かあったのかしら。いえ、考えてもごらんなさい。今朝起きたときのあたくしはやっぱりあたくし。でも今あたくしがあたくしでないとすれば、いったいどなた? もう! まったく悩ましいことね。記憶の方ははっきりしてる? どうかしら。ええと、4×5=12、4×6=13、4×7――もう! こんな調子じゃいつまで経っても20にならなくてよ。だったら「がんばるミツバチ」のうたはどうかしら。

 〈うた:アリスのソロ〉
  びっくりだ わあにさん
  しっぽがね ぴいかぴか
  ナイルがわ ざあぶざぶ
  うろこにね びっしゃびしゃ

  キバだして にいんやり
  ツメひろげ じゃきーん
  おいでませ さかなちゃん
  にこにこ……がぶりっ!

アリス もう! 歌詞が全然違ってよ、とってもくたびれたわ。ひとりぼっちだなんて。

 そこへ向かい側の芋虫が声を掛ける。

芋虫 おぬしは誰じゃ。
アリス あたくし? あいにくわからないの、今のところ。少なくとも今朝の段階ではわかっていたのよ。でもそのあと、あたくしはなぜか変わってし…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko