えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

管笛
くだぶえ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 3」 講談社
1977(昭和52)年1月10日
初出「新声」1909(明治42)年1月
入力者ぷろぼの青空工作員チーム入力班
校正者江村秀之
公開 / 更新2013-12-27 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


お母火を燃すけえ。
そねえに燃さなくても温けえないか。
だって今日は寒いもの。
寒いか、そんだらくべろえ。
明日、また出て薪取ってくるわの
そう心配さっしゃんな。

  * * * * * *

お母、燃えたぜ当たらっしゃい。
汝、やかましいそげなもの吹くなよ。
ごじゅうからがたくさんきていたぜの、
あっちの神社の森にきていたぜの、
ほら鳴いているだろの、
俺のこの笛聞いて鳴いているだろの?
ふいふいふい
悲しく鳴る管笛。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko