えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

隋書倭国伝
ずいしょわこくでん
著者
文字遣いその他
底本 「魏志倭人伝」 岩波文庫、岩波書店
1951(昭和26)年11月5日
入力者田中哲郎
校正者しだひろし
公開 / 更新2010-12-27 / 2014-09-21
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

倭國在百濟・新羅東南、水陸三千里、於大海之中、依山島而居。魏時譯通中國三十餘國、皆自稱王。夷人不知里數、但計以日、其國境東西五月行、南北三月行、各至於海。其地勢東高西下、都於邪靡堆、則魏志所謂邪馬臺者也。古云、去樂浪郡境及帶方郡並一萬二千里、在會稽之東、與[#挿絵]耳相近。漢光武時、遣使入朝、自稱大夫。安帝時、又遣使朝貢、謂之倭奴國。桓・靈之間、其國大亂、遞相攻伐、歴年無主。有女子、名卑彌呼、能以鬼道惑衆、於是國人共立爲王。有男弟、佐卑彌理國、其王有侍婢千人、罕有見其面者、唯有男子二人、給王飮食、通傳言語。其王有宮室・樓觀・城柵、皆持兵守衞、爲法甚嚴。自魏至于齊梁、代與中國相通。開皇二十年、倭王姓阿毎、字多利思比孤、號阿輩[#挿絵]彌、遣使詣闕。上令所司訪其風俗、使者言、倭王以天爲兄、以日爲弟、天未明時、出聽政跏趺坐、日出便停理務、云委我弟。高祖曰、此大無義理、於是訓令改之。王妻號[#挿絵]彌、後宮有女六七百人、名太子爲利歌彌多弗利、無城郭。内官有十二等、一曰大徳、次小徳、次大仁、次小仁、次大義、次小義、次大禮、次小禮、次大智、次小智、次大信、次小信、員無定數。有軍尼一百二十人、猶中國牧宰。八十戸置一伊尼翼、如今里長也。十伊尼翼屬一軍尼。其服飾男子衣裙襦、其袖微小、履如[#挿絵]形、漆其上繋之於脚、人庶多跣足、不得用金銀爲飾。故時衣横幅、結束相連而無縫、頭亦無冠、但垂髮於兩耳上。至隋其王始制冠、以錦綵爲之、以金銀鏤花爲飾。婦人束髮於後、亦衣裙襦裳、皆有※[#「ころもへん+巽」、89-5]※[#「てへん+孅のつくり」、89-5]、竹爲梳、編草爲薦、雜皮爲表、縁以文皮。有弓矢刀[#挿絵]弩※[#「矛+贊」、89-6]斧、漆皮爲甲、骨爲矢鏑、雖有兵無征戰。其王朝會必陳設儀仗、奏其國樂。戸可十萬、其俗殺人強盜及姦皆死、盜者計贓酬物、無財者沒身爲奴、自餘輕重、或流或杖、毎訊究獄訟、不承引者、以木壓膝、或張強弓以弦鋸其項、或置小石於沸湯中、令所競者探之、云理曲者即手爛、或置蛇瓮中令取之、云曲者即螫手矣。人頗恬靜、罕爭訟、少盜賊、樂有五絃琴笛。男女多黥臂、點面文身、沒水捕魚。無文字、唯刻木結繩、敬佛法、於百濟求得佛經、始有文字、知卜筮、尤信巫覡。毎至正月一日、必射戲飮酒、其餘節略與華同、好棊博・握槊・[#挿絵]※[#「くさかんむり/捕」、89-11]之戲。氣候温暖、草木冬青、土地膏腴、水多陸少、以小環挂[#挿絵][#挿絵]項、令入水捕魚、日得百餘頭。俗無盤俎、藉以[#挿絵]葉、食用手餔之。性質直有雅風、女多男少、婚嫁不取同姓、男女相悦者即爲婚、婦入夫家、必先跨火、乃與夫相見、婦人不淫妬。死者斂以棺槨、親賓就屍歌舞、妻子兄弟以白布製服、貴人三年殯於外、庶人卜日而[#挿絵]、及葬置屍船上、陸地牽之、或以小※[#「譽」の「言」に代えて「車」、90-1]。有阿蘇山、其石無故火起接…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko