えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

きたりすナトキンのはなし
きたりすナトキンのはなし
原題THE TALE OF SQUIRREL NUTKIN
著者
翻訳者大久保 ゆう
文字遣い新字新仮名
入力者大久保ゆう
校正者
公開 / 更新2010-03-10 / 2014-09-21
長さの目安約 9 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

[#挿絵]

[#挿絵]
[#挿絵]
ノラに おくる ものがたり

[#挿絵]
 これは おはなしです――つまりは きたりすの しっぽの はなしで、 そのこの なまえは ナトキンと いいました。
 チンクルベリという おにいさんと おおぜいの いとこがいて、 みんなして みずうみの ほとりにある 1ぽんの きに すんでいました。

[#挿絵]
 そのみずうみの まんなかには しまが あって、 もりと どんぐりの やぶに おおわれて、 1ぽんの がらんどうに なった ナラのきが ありました。 そこは しまの ぬしである ブラウンという ふくろうの おうちでした。

[#挿絵]
 あるとしの あきは きのみも たわわ、 ハシバミの やぶでも はっぱが きいろに みどり ―― ナトキンと チンクルベリは おおぜいの こどもりすと いっしょに もりの そとへ でて、 みずうみの ほとりへと むかいました。

[#挿絵]
 ちからを あわせて きのえだで こぶりの いかだを つくって、 みなもを こぎこぎ、 どんぐりを あつめに ふくろうの しまへ むかいます。
 ひとりひとり ちいさな ふくろと おおきな オールを てにして、 ほぬのがわりに しっぽを のばします。

[#挿絵]
 しまの ぬし ブラウンへの てみやげとして 3びきの ぶくぶくとした ねずみも つれていって、 とぐちの ところへ さしだしました。
 それから チンクルベリと りすいちどうは いっせいに ふかぶかと おじぎを して、 ていねいな ことばづかいで、
「しまの ぬし ブラウンさま、 どうか このしまの どんぐりを とること おゆるし ねがえませんか?」

[#挿絵]
 ところが ナトキンの たいどは めに あまるほど なまいきで、 あかい サクランボみたいに ふらふらと うごきながら こんなことを うたうのです。
  「なぞなぞ なぞなぞ といてみろ!
   あかい ふく きた ちびっこが
   てには ぼうきれ、 のどには こいし、
   このなぞ とけたら おだちんやるぞ。」
 とはいえ このなぞなぞは むかしながらの ものなので、 しまぬしさまも ナトキンを とことん むししました。
 かたく めを つむると ぐっすり すやすや。

[#挿絵]
 りすたちは ちいさな ふくろ いっぱいに どんぐりを つめ、 ひが くれると いかだを こいで おうちへ かえりました。

[#挿絵]
 けれども あくるひの あさ ふくろうの しまに もういちど みんなで むかいました。 チンクルベリたちは 1ぴきの まるまる ふとった もぐらを もっていって、 しまぬしさまの とぐちまえにある いしの うえへと のせて、 いいました。
「ブラウンさま、 どうか もっと どんぐりを とること、 おおめに …

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko