えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

草みち
くさみち
副題
じょ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「定本 花袋全集 第二十二巻」 臨川書店
1995(平成7)年2月10日
初出「草みち」宝文館、1926(大正15)年5月10日
入力者tatsuki
校正者小田代歩美
公開 / 更新2013-03-28 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 私は童話でも書くやうな、または刺繍でも見るやうな気持で、昔の恋愛の心の光景を眺め返して見たのでした。私は不思議な気がしました。それは再びその時分の心持に戻つたとは言へないまでにも、何だか非常に若い心を掘返したやうに思はれたのでした。若い人達の読物にしては或は熱に乏し過ぎるかも知れません。熟し過ぎたといふよりは、古くなつた果物といふ気がするかも知れません。しかし腐れかけた果実は甘いものです。またその熱の乏しいところに、却つて刺繍された糸の色彩がはつきりと出てゐるかも知れないと思つてゐます。兎に角、近年生んだ私の作の中では、一番愛着の多い短篇集のやうな気がして居ります。

大正十五年四月
作者



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko