えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

手紙
てがみ
副題016 慶応元年九月七日 坂本権平、乙女、おやべあて
016 けいおうがんねんくがつなぬか さかもとごんぺい、おとめ、おやべあて
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「龍馬の手紙、宮地佐一郎」 講談社学術文庫、講談社
2003(平成15)年12月10日
入力者Yanajin33
校正者Hanren
公開 / 更新2010-08-12 / 2014-09-21
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

九月六日朝、はからず京師寺町ニ川村盈進入道ニ行合、幸御一家の御よふす承り御機嫌宜奉二大賀一候。二ニ私共初、太郎無二異儀一憤発出勢罷在、御安慮奉レ願候。
一、目今時勢御聞入候。
当時さしつまりたる所ハ、此四月頃宇和島候より長州え送一封の事也。夫ハ此度将軍長征ノ故を、幕史より書付を以て送りタル写也。
其文ニ曰ク、此度進発在ルハ長州外夷と通じ、容易ならざる企有レ之候。尤和蘭コンシユル横浜ニ於て申立也と。
又曰ク下の関ニ私ニ交易場を開キたり。
其外三条皆小事件也。
時ニ龍ハ下春江戸より京ニ上リ、夫より蒸気の便をえしより、九国ニ下リ諸国を遊ビ、下の関ニ至る頃、初五月十日前なりし。当時長州ニ人物なしと雖、桂小五郎ナル者アリ。故ニ之ニ書送リケレバ、早速ニ山口ノ砦を出来リ候。数件ノ談アリ。末ニ及ビ彼宇和島より来るの書の事ニ及ビ候。龍此地ニ止ル前後六十日計ナリ。其頃和蘭舶中国海より玄海ニ出ルアリ。
時ニこれを止ム。長官ノ者上陸人数八名、其内英人一名アリ。桂小五郎及井藤春助ラ、大ニ憤リ、アル時ニ当レバ彼ノ宇和島より来ル所の書を以て曰ク、(此時春外長二名及龍馬もアリ。)無種の流言して幕府長との中をたがへ、目今将軍大兵を発し大坂ニ来ル、是和蘭の讒より起りし事也。
何故ニ候やと申ヨリ初メ前後談数語別ニ書有、和蘭人も赤面し義セしナリ。
和蘭曰ク毛も長を讒セし事なし。是則小倉候ヨリ長州の讒申立しニよりし、則小倉より申立し書付ハ外国奉行より見セくれしより、手帳ニ記シアリし故、御見目かけ申べし。夫を幕史らが和蘭より申立し事と、事をあやしく仕立しなりと申しき。
長、井藤春曰ク、然レバ近日幕兵一戦ニ及バヽ、先初ニ此談ニ及ぶべし。
又小倉えも此国より無種流言其罪を責候べし。
其時ハ立合呉候べきかと尋候。
蘭うなづき承知致セし、夫ハさてをき上の事を一[#挿絵]書付を以て此頃小倉を責問セしニ、小倉言葉なく幕府ニ其長の書と小倉の家老の付紙とを以て、急ニ御詮儀被レ下度とて願出候。
此上の事許ハ先、幕か蘭か小倉か其罪をうけずしてハすまず。
○此頃幕府より長州家老又ハ末藩召出しの儀を下したり。然ニ長州ハ曽てより不レ出と云儀を定たり。幕ハ不レ出バ大兵西下と義を定メ、諸々触出したり。
其兵を出スの期根ハ九月廿七日也。
此頃、長ハ兵を練候事甚盛。四月頃より今ニ至ルまで、日[#挿絵]朝六時頃より四ツ時頃迄、国中の練兵変ル[#挿絵]なし。先三百人より四百人を一大隊とす。一大隊ごとニ惣官参謀あり、郷[#挿絵]村[#挿絵]朝[#挿絵]大隊の練兵す。日本中ニハ外ニあるべからず。
其国ニ入レバ山川谷[#挿絵]皆[#挿絵]護胸壁計ニて、大てい大道路不レ残地雷火ニて、西洋火術ハ長州と申べく、小し森あれバ、野戦鉋台あり、同志を引て見物甚おもしろし。
私夫より此頃上京ニ有り、又摂ニ有、唯頓所ニ居申候。
御安心可レ被レ遣候。申上レバかぎ…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko