えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

手紙
てがみ
副題023 慶応元年十二月十四日 岩下佐次右衛門、吉井友実あて
023 けいおうがんねんじゅうにがつじゅうよっか いわしたさじえもん、よしいともざねあて
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「龍馬の手紙、宮地佐一郎」 講談社学術文庫、講談社
2003(平成15)年12月10日
入力者Yanajin33
校正者Hanren
公開 / 更新2010-08-18 / 2014-09-21
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


一筆啓上。
然ニ私ニ非レバたれか上関迄出し候心積ニ候所、此頃御国より相廻り候船、下の関ニ参候時節、人なく幸ニ黒田了介殿御出ニ候得共、今少し御留りの儀故ニ無二是非一候。私とても了介殿御同伴上坂も致候。芸永井主人が事ハ兼而長州の政府の論の如ク相辨候所、永井曰ク、然レバ諸隊頭立候者ニ面会可レ致と、則諸隊頭立候もの面会せり。
案ズルニ永井ハ諸隊の者と政府の論と、甚ことなり候心積也。
故、政府をたすけ諸隊を撃、或ハ諸隊を助ケて政府を撃との論のよしなり。
京よりミブ浪人同伴ニて帰りし、長人ハ虎口をのがれしと大ニ笑合候。上下一和兵勢の盛なる、以レ長第一とすべく存候。
何レ近程ニも上京御咄申上候。

坂本龍馬
岩下佐次兵様
直陰
吉井幸輔様



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko