えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

お母さん
おかあさん
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 12」 講談社
1977(昭和52)年10月10日
初出「教育行童話研究」1938(昭和13)年5月
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者酒井裕二
公開 / 更新2016-10-24 / 2016-09-21
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より

 正ちゃんは、目をさますと、もう朝でした。窓が明るくなって、どこかで雨戸を繰る音がしました。けれどそばに寝ている兄さんも、目をさまさなければ、またお母さんもお起きなさらぬようすです。
「きょうは、日曜日なんだ。」
 いつもなら、みんなが、こうゆっくりしてはいられぬのでした。正ちゃんは、いつも日曜は、朝がおそいのを知っていました。それをうっかりして、いつもと同じような気になって、三人で、八時から釣りにいく約束をしたのでした。かならず、七時半に迎えにくると勇ちゃんがいったから、もう起きて、ご飯を食べなければなりませんでした。
「お母さんを起こそうかしらん。」と、考えていましたが、まず、兄さんにいってみようと、
「兄ちゃん、まだ起きない?」と、声をかけました。小さな声で、いったのだけれど、兄さんは、目をふさいでいても、いつも、いまごろ起きる習慣がついているので、半分さめていたとみえて、
「正二、きょうは日曜日だろう。お母さんをゆっくり寝かしておいてあげな。音をたてると、お母さんが、目をおさましになるよ。」といいました。
 なるほど、そうだった。いつも早く起きてくださるのだから、きょうは、お母さんをゆっくり寝かしてあげなければならぬと、正二にも思われたのでした。
「ああ、あんな約束をしなければよかった。これから、勇ちゃんの家へいって、断ってこようかしらん。」と、正ちゃんは、気がもめてなりませんでした。
「僕、釣りにいく約束をしたのだよ。」
「だれとかい。」と、兄の敏夫さんは、こちらへ向き直って聞きました。
「茂ちゃんと、勇ちゃんと三人で、八時にいくって。」と、正ちゃんが、いいました。
「いま何時だろうな。」と、敏夫さんが、いいました。
「もう六時過ぎだろう。」
「だけど、起こしては、お母さんに悪いじゃないか。」
「僕、勇ちゃんのところへいって、断ってくるよ。」
「もう、すこし待ってみな。」
「だって、勇ちゃんは、七時半にくるといったもの。」
 正ちゃんは、独り、起きて、洋服に着かえると、二階から下りてきました。
 すると、お母さんの姿が見えません。おへやは、もうちゃんときれいにかたづいていました。
「おや、お母さんは?」
 正ちゃんは、お勝手もとへいってみました。ガスに火がついて、お汁のなべが、かかっていました。そこにもお母さんは、いらっしゃいません。
「お母さんは、どこへいったろうな。」
 このとき、お母さんは、外から、お豆腐をいれた入れ物を持って、帰っていらっしゃいました。
「すぐに、ご飯にしてあげますよ。」と、おっしゃいました。
「うん、お母さんは、早いね。」と、正ちゃんが、いいました。
「だって、あんたが、釣りにいくんでしょう。」と、お母さんはおっしゃいました。
「どうして、わかったの? 勇ちゃんが、迎えにきた?」と、正ちゃんは、驚いて、ききました。
「いい…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko