えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

おっぱい
おっぱい
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 16」 講談社
1978(昭和53)年2月10日
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者Juki
公開 / 更新2012-09-19 / 2014-09-16
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 赤ちゃんが、おかあさんの おっぱいを すぱすぱと のんで いました。そばで みて いた つね子ちゃんは、
「おいしそうね。」
と いいました。
「おまえも こう して のんだのですよ。」
と、おかあさんが おっしゃいました。つね子ちゃんは きゅうに おちちが こいしく なりました。
「あたしにも のましてよ。」
と、おかおを だすと、赤ちゃんが、
「ううん。」
と いって、おこりました。
「いじを つついては いけません。」
と、おかあさんが おっしゃいました。
「赤ちゃんの いじわる。」
と いって、つね子ちゃんは おもてへ いきました。
 おとなりの よしおさんと あそんで いると、かぜが ふいて きて、ごみが お目目に はいりました。
「ぼくが とって あげよう。」
と、よしおさんが とろうと しましたが、とれません。よしおさんが、つね子ちゃんを おうちへ つれて きて あげました。おかあさんは、
「よしおさん、ありがとう。」
と おっしゃいました。
 つね子ちゃんは よく お目目を あらいました。
「おちちを さして あげましょう。」
 つね子ちゃんは おかあさんに だかれて、おっぱいを たらたらと お目目に いれて いただきました。
「もう、よく なった?」
と きいて、そばで みて いた よしおさんも おっぱいを こいしそうに ながめて いました。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko