えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

こがらしの ふく ばん
こがらしの ふく ばん
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 16」 講談社
1978(昭和53)年2月10日
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者Juki
公開 / 更新2012-09-19 / 2014-09-16
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 夜が ながく なりました。おかあさんは おしごとを なさって います。その そばで、きょうだいは 火ばちに あたりながら、くりを たべて いました。
「リンリン リンって、なんの 音だろう。」
 ふいに、正ちゃんは あたまを あげました。
「ねずみが おかってへ でて、なべに さわったのでしょう。」
と、おかあさんは おっしゃいました。
「武ちゃんが 三りん車に のって いるのよ。」
と、つね子さんが いいました。
「いまじぶん、だれが あそんで いるものか。」
 しばらく すると、また、「リンリン リン。」と、いう 音が、かすかに きこえました。
「ほら。」
「ほんとうだわ。」
 おかあさんと 三人が とを あけて、そとを ながめました。こがらしが ふいて、すみわたった いい 月夜でした。
 かどの たばこやの まえに ちょうちんの 火が みえて、人力車が みちを きいて いる ようすです。そのうち こちらへ かけだして くると、リンリン リンと、しんぼうに はめた かねの わが なりました。
 かさを かぶった おじいさんの 車夫です。そして 車の 上には、それは きれいな およめさんが のって いました。
 さむく なって、三人は とを しめました。
「あれは おばけで ない?」
と、正ちゃんが いいました。
「きっと きつねよ。」
と、つね子さんが いいました。
「いいえ、あの おじいさんは、いつ も ていしゃばの まえに いる おじいさんです。」
と、おかあさんが おっしゃいました。
 きょうだいは とこの 中へ はいりました。その とき、また うちの まえを リンリン リンと、とおる 音が しました。いま 車やさんが、かえるのです。
 あとは、こがらしの こえが きこえました。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko