えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

三人と 二つの りんご
さんにんと ふたつの りんご
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 16」 講談社
1978(昭和53)年2月10日
初出「セウガク一年生」1939(昭和14)年3月
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者Juki
公開 / 更新2012-09-22 / 2014-09-16
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


「かずおちゃん、どうして なみだを だしたんだい?」
と、たろうさんが ききました。
「よしおさんと しげおさんが ひっぱったんだよ。」
「なんにも しないのに?」
と、きみ子さんが いいました。
「あそびに こいと いって、りょうほうから ぼくを ひっぱったのだ。」
「なあんだ、かずおちゃんが、いなかへ いって きて、めずらしいからだ。」
「いなかの おじいさんも いいけれど、とうきょうの おじいさんも いいな。」
と、たろうさんが いいました。
「おじいさんの ところへ、あそびに いこうよ。」
「ええ、いきましょう。」
 おじいさんの おうちは、ちかかったのです。三人は かけだしました。
「おじいちゃま、あそびに きました。」
「よく きた。さあ おあがり。なんにも やる ものが なくて こまった。りんごが 二つ あるから、ちえだめしを して、よく できた ものに 一つ、あとの ふたりに はんぶんずつ やると しよう。」
「むずかしい もんだい?」
「いや、やさしい もんだいだ。おとうさんと おかあさんと、どちらが すきですか。」
 いちばん 小さい かずおちゃんが、
「ぼく、おかあさん。」
と、すぐに こたえました。きみ子さんは、
「わたし、わからないわ。」
と こたえました。おとうさんに わるいと おもったからです。
「ぼく、どちらも すき。」
と、たろうさんが こたえました。
「みんな よく できた。」
と、おじいさんは わらいながら いいました。そして、いろいろと かんがえた のちに、
「かずおちゃんが いちばん よく こたえました。ですから、かずおちゃんに りんごを 一つ あげます。あとの ふたりには はんぶんずつ わけて あげます。」
と いいました。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko