えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

しろくまの 子
しろくまの こ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 16」 講談社
1978(昭和53)年2月10日
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者Juki
公開 / 更新2012-09-25 / 2014-09-16
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 しろくまは、ほっきょくかいに のぞんだ アラスカ または シベリアに すんで います。しろくまは、水の 中へ はいって およぐ ことも できます。まっ白な けが ふさふさと して、かわいらしい 目を して いますが、それは たけしい けものです。
 ある とき、しろくまの ははおやは 子どもたちを つれて、ひょうざんの 上で あそんで いました。
「おかあさんの そばを、はなれては いけません。」
と、いいきかせました。
 けれど、一ぴきの いう ことを きかぬ 子ぐまは、かってに うみどりを おいかけて いました。この とき、パチンと 大きな 音が して、こおりの かたまりが 二つに われました。
 子ぐまの のった こおりの かたまりは あちらへ ながれて いきました。オーロラの かがやく 空の 下を、ずんずん ながされて いきました。
「こまったなあ。」
と、子ぐまは おもいました。

 きしに つくと、けがわを きた エスキモーの おじいさんが、しのびよって、ふいに あたまから、あみを かぶせました。子ぐまは いけどりに されたのです。そうして、おりに いれられて、とおい 町の どうぶつえんへ おくられました。
 町の ぼっちゃんや じょうちゃんたちが 子ぐまを かわいがりました。おいしい パンや ビスケットを なげて くれました。子ぐまは ときどき おかあさんを おもいだして、
「ウオー。」
と、なきます。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko