えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

手紙
てがみ
副題050 慶応三年一月二十日 姪春猪あて
050 けいおうさんねんいちがつはつか めいはるいあて
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「龍馬の手紙、宮地佐一郎」 講談社学術文庫、講談社
2003(平成15)年12月10日
入力者Yanajin33
校正者Hanren
公開 / 更新2010-08-30 / 2014-09-21
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


春猪どの/\、
春猪どのよ/\。此頃ハあかみちやとおしろいにて、はけぬりこてぬり/\つぶしもし、つまづいたら、よこまちのくハしやのばゞあがついでかけ、こんぺいとふのいがたに一日のあいだ御そふだんもふそふというくらいのことかへ。
をばてきのやんかんそふもこのごろハ、ちとふやり/\と心も定めかねをりハすまいかと思ふぞや。たいての[#挿絵]なり候や、二町目へすてしめてもよかろふのふ。
おまへハ人から一歩もたして、をとこという男ハ皆にげだすによりて、きづかひもなし。又やつくと心もずいぶんたまかなれバ、何もきづかいハせぬ。
けれども、是からさきのしんふわい/\ちりとりににてもかきのけられず、かまでもくわでもはらハれず、ふいぶん/\せいだしてながいをとしををくりなよ。
私ももしも死ななんだらりや、四五年のうちにハかへるかも、露の命ハはかられず。
先[#挿絵]御ぶじで、をくらしよ。
正月廿日夜
りよふより
春猪様
足下



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko