えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

犬は鎖に繋ぐべからず
いぬはくさりにつなぐべからず
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集4」 岩波書店
1990(平成2)年9月10日
初出「中央公論 第四十五年第六号」1930(昭和5)年6月1日
入力者kompass
校正者門田裕志
公開 / 更新2012-04-03 / 2014-09-16
長さの目安約 46 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

人物
今里念吉
同 二見
同 甲吉
黒林家の女中ため
酒屋の御用聞
大串葉絵
片倉州蔵の妻まつの
女の子
百瀬鬼骨
郵便配達
男の子
歩兵大尉島貫
片倉州蔵
平大野球部選手越水
同 クマソ
同 ヤモリ
近所の人櫛谷
同 尾畑
同 黒林
同 両角
同 岩城
同 藤巻
隠居多胡鵺人
近所の人A
同 B
同 C

時  現代

所  東京の郊外――最近水田を埋立てた第七流住宅地。
[#改ページ]


第一場

今里念吉の住居。正面に磨硝子戸入りの玄関。右手に杉丸太の門柱。玄関の右に渋塗りの洋館。左手に座敷と茶の間。芝生の庭に手製のブランコ。椽に近く粗末な犬小屋。
初夏の午後。
息子の甲吉(八歳位)が、三輪車に乗つて外から帰つて来る。椽側から奥に向ひ、発育不良の声で母を呼ぶ。

甲吉  ママア! ママア!
声  (奥で)なんです、そんな声を出して……。(二見、菜箸をもつたまゝ現れる)駄目ですよ、静かにしなくつちや……。パパは今御勉強なんだから……。
甲吉  (それにかまはず)ママア、僕、落第坊主ぢやないねえ。
二見  落第なんかするもんですか。からだが弱いから、先生と御相談して、一年学校を休むことにしたんです。第一、学校へは一と月も行きやしないぢやありませんか。
甲吉  それから、うちのペスは野良犬ぢやないねえ。
二見  野良犬なもんですか。あれは、お前のお友達にと思つて、一昨年、湧山さんからいたゞいたんですよ。種類は忘れたけれど、ちやんと素性のわかつた犬です。パパがもう少し手入れをして下されば、毛並だつて、この辺のどこの犬にも負けやしません。
甲吉  そんならね、ママ、うちのパパは、英語よりほか、なんにも出来ないつて、ほんと?
二見  英語の先生なら、英語だけできれば沢山ぢやありませんか。いろんなことが少しづゝ出来るよりも、一つのことが立派に出来る方がいゝんですよ。一体全体、誰がそんなことを云ふの?
甲吉  僕のことを落第坊主つて云つたのは、ケンちやんだよ。
二見  ペスのことを野良犬だつて云つたのは……?
甲吉  それはね、坊つちやん……。
二見  また、「坊つちやん」なんて云ふんぢやありません。「ツルヲさん」つておつしやい。それから、パパのことをなんとか云つたのは……?
甲吉  忘れちやつた……。(彼は三輪車を運転して、また外へ遊びに行かうとする)
二見  もう御飯だから、お家にいらつしやい。余計なことを云ふ子供たちと遊ばなくつたつていゝのよ。

近所で、また、ピアノの練習を始めたらしい。単調な音階がうるさく繰り返される。

二見  (洋館の方に行き)パパ、あと十分で御飯にしますから、そろそろ、おつむをお休めになつてね。甲吉が帰つてますわ。

やがて、主人の念吉が座敷に現れる。

念吉  (にやにや笑ひながら、口吟むやうに)
“O miserable of h…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko