えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

桔梗の別れ
ききょうのわかれ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集4」 岩波書店
1990(平成2)年9月10日
初出「令女界 第九巻第八号」1930(昭和5)年8月1日
入力者kompass
校正者門田裕志
公開 / 更新2012-04-03 / 2014-09-16
長さの目安約 9 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より



ある高原の避暑地。落葉松の森を背にしたテニスコートの傍ら。日が落ちて、橙色の雲の一塊が、雪をいたゞいた遠い峰を覆つてゐる。今テニスを終つたばかりの四人、そのうちの女二人は境笛子と母の杉江である。そして、二人の青年は、金津朔郎と酒巻深である。

酒巻  明日は敵を打ちませうね。笛子さん。
笛子  明日は組を変へるんだわ。
杉江  母さんと組まなくつちや駄目だよ。
金津  小母さんに睨まれてると、うつかりしたことはできないからなあ。
杉江  また雷が来さうね。昨夜はなんてひどかつたんでせう。
酒巻  でいよいよ、明後日お帰りですか。
杉江  ひとまづね。だつて、パパ一人を、あんまり淋しい目にあはせることできませんもの、ねえ笛子……。
笛子  パパが――こつちへいらつしやればいゝんだわ。
杉江  それがおできになれないんだから仕方がないさ。
酒巻  鎌倉にだつてコートはあるでせう。
笛子  どうせホテルなんだから、あつてよ。
杉江  あなた方もあつちへおいでなさいな。
金津  ひとつ、おやぢに談判してやらう。
酒巻  僕んとこは、お袋が海は嫌ひなんだから、駄目だ。




その避暑地を通つてゐる軽便鉄道の停車場。プラツトフオームのベンチ。

杉江  こんな不便なところでも、慣れちまふと、もつとゐたいやうな気がするね。
笛子  えゝ。それにひとつはお友達ができたからよ。
杉江  あたしたちのテニスのお相手には、ちよつとお気の毒だつた。でも、毎日、よく厭きずに来て下すつたね。
笛子  ほんとよ。いゝ方たちね。東京へ帰つたら遊びに行つてもいゝかつて云つてらしつたわ。
杉江  パパがさういふことをなんておつしやるか……。
笛子  避暑地なんかで、若い男と親しくなつちやいけないつておつしやつたわね、あたしたち、もう、親しくなつちやつたか知ら……?
杉江  それやまた意味が違ふさ。あの人たちは、別にお前にどうかうつていふわけぢやないんだから……。
笛子  さう? でも、わからないわよ。
杉江  母さんにはわかつてるんですよ。お前はまだ、そんなこと考へなくつたつていゝんです。
笛子  だつて、考へちやふわ。金津さんたら、昨夜、あたしにかういふのよ――「僕は、笛さんのやうな妹が欲しいなあ」つて……。
杉江  何時さ。
笛子  ヴエランダで涼んでる時……母さまがボンボンを取りに部屋へお帰りになつたでせう。あの間によ……。さうしたら、酒巻さんが負けずにかう云つたわ。――「笛子さんが君の妹だつたら、僕がお嫁さんに貰つてやる」つて……。
杉江  馬鹿だねえ、あの人は……。

そこへ、金津と酒巻が現はれる。

金津  遅れたかと思つた。
酒巻  この先生が髭なんか剃つてるからですよ。
杉江  わざわざ見送りに来て下すつたの、もう昨夜、「さよなら」をしたんぢやありませんか。
金津  …

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko