えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

是名優哉(一幕)
これめいゆうかな(ひとまく)
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集4」 岩波書店
1990(平成2)年9月10日
初出「悲劇喜劇 第四号」1929(昭和4)年1月1日
入力者kompass
校正者門田裕志
公開 / 更新2012-04-06 / 2014-09-16
長さの目安約 15 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

[#ページの左右中央]


男甲に扮する俳優
女乙に扮する女優

舞台は神戸のあるホテルの休憩室


[#改ページ]

男と女とが茶卓を挟んで向ひ合つてゐる。

男  (煙草の煙を大きく吐き)
   たうとう日が暮れました。
   あの船では、もう夕食の鐘を鳴らしてゐるでせう。
   瀬戸内海の島々に灯が点く頃
   日本を離れる人たちの胸は
   一斉に締めつけられるのです。
女  (遠くを見つめながら)
   でも、あの人は甲板の上で
   あんなに笑つてゐましたわ。
男  僕は、あなたのお顔ばかり見てゐました。
   あなたがお泣きになるところを
   一度見て置きたかつたのです。
女  お気の毒さま……。
   潮風が眼にしみて、
   いくらか涙ぐんでゐるやうに見えたかも知れません。
   それに、あのまぶしい海の光……
   ぢつと眼をあけてゐるのさへ苦しいほどでした。
   泣くものですか。そんな……。
男  テープが切れると
   あなたは袂からハンケチを出して
   振るでもなく、振らぬでもなく
   それを肩のへんで弄んでおいででした。
女  あの人だつて
   帽子をぬいだまま
   ぢつとこつちを見てゐるだけなんですもの……。
男  ほかの見送人をごらんなさい。
   女の人で
   泣いてゐなかつたのは
   あなた一人ぐらゐのものです。
   流石は武士の妻だと
   昔なら感心するところでせうが
   今は万事
   西洋風の世の中です。
   あなたは殊に
   われわれ仲間の細君としては
   ハイカラな奥さんで通つてゐる。
   見送人下船の合図で
   涙ながらに
   御主人とお別れのキツスをされても
   一向不思議とは思はんです。
女  あたくし、あの時は
   こんなことを考へてゐましたのよ。
   ――さあ、これでいよいよ自由になつた。
   三年間は誰に遠慮もなく
   勝手に羽根が伸ばされる。
   外へ出ても
   夕御飯を支度をしに帰る世話もなく
   帯を一本買ふのにも
   相談をする面倒がない。
   あの船が
   何かの故障で
   また後戻りをしなければいいがなんて……。
男  そんなことをおつしやると
   僕、手紙で云つてやりますよ。
   ――君の細君はけしからんぜ。
   一人で寂しく
   君の帰りを待つてゐると思ふと
   それこそ大間違ひだ。
   あの調子だと
   どんなことをしでかすかわからん……。
女  さうすれば
   第一に
   あなたが変だと思はれるだけですわ。
   男の方で
   一番、あたくしと
   親しい口の利き方をなさるのは
   あなたですもの。
   今日、船が出る前に
   あなたには聞えないやうに
   かう云ふんですのよ。
   ――今晩、…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko