えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

頼母しき求縁(一幕)
たのもしききゅうえん(ひとまく)
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集4」 岩波書店
1990(平成2)年9月10日
初出「週刊朝日 第十七巻二十七号」1930(昭和5)年6月22日
入力者kompass
校正者門田裕志
公開 / 更新2012-04-27 / 2014-09-16
長さの目安約 21 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

[#ページの左右中央]


人物
十倉奥造   五十
娘 汲子   二十二
和久井幕太郎 二十八
従兄亜介   三十一
平木曾根   四十


[#改ページ]


ある結婚媒介所の見合室――二階。

洋風にしつらへた八畳の日本間――事務室とも応接室ともつかぬ家具装飾。所長平木曾根が、十倉奥造と、その娘汲子を案内してはいつて来る。

曾根  (右手の椅子を薦め)さ、お嬢さまはこちらがおよろしうございませう。あんまり明るくなくつて……。
奥造  なに、明るくつてもかまひません。明るい方が結構です。器量だけは、これでも、羞かしくないつもりですから……。
汲子  いやなお父さんね。
曾根  ですから、こつちは、お写真だけで及第ですわ。今日は、あちらをよく御覧になれるやうに、さう申し上げたんです。さ、どうぞ、お父さまは、こちらへ……。(自分も傍らの椅子に腰をおろす)
奥造  もう、いらしつてるんですか。
曾根  はあ、もう、とつくに……。あちらは、それこそ、一所懸命でいらつしやいますよ。先達も申上げましたとほり、金満家のお後取だけあつて、どこか鷹揚なところがおありになるもんですから、従兄さんとおつしやる方が、いろいろ、御心配なさいましてね。今日も御一緒に見えてるんでございますよ。その方のお話ですけれど、御当人は今度の話が駄目になつたら、一生結婚はしないつておつしやるんださうです。御冗談にでもさう決心をなすつてらつしやるくらゐですから、余程お気に召したんですわ。
奥造  この間もお話いたしましたやうに、たゞの縁談なら降るほどあるんですが、当人の希望で、広くチヤンスを求めたいといふわけなんです。御商売に違ひありませんが、早く纏めようといふ御方針だけは、ひとつ、お忘れ願ひたいもんです。なるべく数多くの方に御紹介願へれば、甚だ有りがたいわけで……。
曾根  かしこまりました。でも、こちらでも、ひと通り選択はいたしませんとね。頭から問題にならないやうなお話を申上げたところで……お嬢さまの条件は、なかなかむつかしいんですからね。(眼で笑ふ)
汲子  あ、あの一番しまひの箇条に、但し書を附け加へたいんですけれど……。
曾根  あの上にですの? どんなことでせう?
汲子  そら、よくなんかしながら、鼻声で歌を唱ふ人があるでせう。あれも、あたくし、いやなんですの。
曾根  さうすると、ちよつと待つて下さい。

(次の間に行く)

汲子  (父に)洋行したつていふのは、どこへ行つたんだか、今日訊いて頂戴ね。
奥造  よし。
汲子  それから専門のこともはつきりいつてくれなけれや困るわ。会社の重役だつていつたり、研究論文を書いてるつていつたり、さうかと思ふと、これから何か事業を起すんだつていつてみたり、さういふあやふやな地位ぢや困るわ。
奥造  よし。
曾根  (現れ)失礼いたしました。(…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko