えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

手紙
てがみ
副題065 慶応三年五月五日 三吉慎蔵あて
065 けいおうさんねんごがついつか みよししんぞうあて
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「龍馬の手紙、宮地佐一郎」 講談社学術文庫、講談社
2003(平成15)年12月10日
入力者Yanajin33
校正者Hanren
公開 / 更新2010-09-09 / 2014-09-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


此度の御志の程、士官の者共に申聞候所、一同なんだおはらい難レ有がりおり申候。再拝[#挿絵]。
拝啓。
昨日御申聞被レ遣候事共、実に生前一大幸、言語を以て不レ可レ謝御事ニ御座候。然ニ先日此地を上方に発る時ニ福田扇馬殿、印藤猪、荻野隣、羽仁常諸兄御出崎被レ成、土人の名を以御修行被レ成度御事ニ付、御やく束仕候所、不レ計此度の危難、又此度も上件の諸兄に御面会仕候所、諸君皆云、何分出崎の志が達度との御事ナリ。
夫で小弟が曰ク、私し出崎の上ハ此度の紀土の論がどふかた付申かも不レ被レ計、故に小弟が命も又不レ被レ計、されども国を開らくの道ハ、戦するものハ戦ひ、修行するものは修行し、商法ハ商法で名[#挿絵]かへり見ずやらねバ相不レ成事故、小弟出崎の上ハ諸生の稽古致す所だけハしておき候まゝ、御稽古ハでき候べしと申けれバ、諸君云、万一の時ハどふなりても宜しく候間との御事ニ候間、御聞取可レ被レ遣候。猶、御考可レ被レ遣候。私は諸君の出崎、戦国のさまハ此よふなものでもあろふかと存候てずいぶんおもしろふ存候。別ニ申上候事在レ之候。梶山鼎介兄是ハ去年頃よりも御出崎の御事、小弟も御咄し合致し在レ之候。此人の論ハ兼而通常人の形斗西洋を学ぶ所でハこれなく、ほんとふに彼が学文道にいり、其上是非を論じ申度との御論、いやしくも論ぜざる所、小弟ニハ誠におもしろく奉レ存候。上件四人の兄たち御出しニ相成れバ、此人も御出わどふであろふと、私よりも希ふ所ニて御座候。稽拝首[#挿絵]。
五月五日
龍馬
三慎大兄
三吉慎蔵様
左右
直柔



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko