えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

産屋
うぶや
副題萩原朔太郎君に献ず
はぎわらさくたろうくんにけんず
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「芥川龍之介全集 第一卷」 岩波書店
1977(昭和52)年7月13日
初出「鐘 第四號」1917(大正6)年8月1日
入力者岡山勝美
校正者noriko saito
公開 / 更新2010-10-19 / 2014-09-21
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 男は河から蘆を切つて來て、女の爲に産屋を葺いた。それから又引きかへして、前の河の岸へ行つた。さうして切りのこした蘆の中に跪いて、天照大神に、母と子との幸ひを祈つた。
 日がくれかかると、女は産屋を出て、蘆の中にゐる男の所へ來た。
 さうして「七日目に又來て下さい。その時に子どもを見せませう。」と云つた。
 男は一日も早く、生まれた子が見たかつた。が、女の頼みは、父らしく素直にうけあつた。
 その中に日が暮れた。男は蘆の中につないで置いた丸木舟に乘つて、河下の村へさみしく漕いで歸つた。
 しかし村へ歸ると、男は、七日待つのが、身を切られるよりもつらく思はれた。
 そこで、頸にかけた七つの曲玉を一日毎に、一つづゝとつて行つた。さうしてその數がふへるのを、せめてもの慰めにしようとした。
 日は毎日、東から出て、西へはいつた。男の頸にかけた曲玉は、その毎に一つづゝ減つて行つた。が、六日目に男はとうとうがまんが出來なくなつた。
 その日の夕、蘆の中に丸木舟をつなぐと、男はそつと産屋の近くへ忍んで行つた。
 來て見ると、産屋の中はまるで人氣がないやうに、しんとしてゐた。さうして唯屋根に葺いた蘆の穗だけが暖く秋の日のにほひを送つてゐた。
 男はそつと戸をあけた。
 蘆の葉を敷いた床の上に、ぼんやり動いてゐるやうに見えるのが、子どもであらう。
 男は、前よりもそつと産屋の中へ足を入れた。さうして、恐る恐る身をこごめた。
 その時である。河の水は、恐しい叫び聲の爲に驚いて、蘆の根をゆすつた。
 男が叫び聲をあげたのも、無理はない。女の産んだ子どもと云ふのは、七匹の小さな白蛇であつた。…………
 この頃自分は、この神話の中の男のやうな心もちで、自分の作品集を眺めてゐるのである。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko