えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

空手道の起原と其の沿革
からてどうのきげんとそのえんかく
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「日本随筆紀行第二四巻 宮崎|鹿児島|沖縄 光り溢れる南の海よ」 作品社
1988(昭和63)年6月10日
入力者向山きよみ
校正者sogo
公開 / 更新2017-03-27 / 2017-01-12
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より

拙著沖縄案内、風俗の章に「唐手」の一項を掲げて置いたが、之はカラ手に関する文献や資料に乏しき為め、首里に於て発表せられた一部人士の研究を参考にして書いたので妥当を欠くが故に此に之を訂正して置く。

 空手の起源については未だ定論はないやうであるが、諸家の説を綜合して見ると、当地では昔から只単に「手」と称し「空手拳頭」を以て敵を倒す武術があったが[#「あったが」はママ]、何時の時代にか「指頭掌力」を極度に練磨して偉大なる武力を発揮する支那拳法が伝来して所謂今日の「空手」に合流し四百年前尚真王の武具撤廃後一段の発達を見たであらう。といふことに大体意見の一致を見たやうである。
 若し正史の上に「空手」の文字を求むるなら、球陽尚真王の条に

人、京阿波根実基の名望高きを嫉み、王に讒言したので、王彼を茶席に招き、童子に命じ匕首を以て刺させた、実基手に寸鉄なく只空手を以て童子の両股を折破り、走りて城門を出で中山坊門外に至りて斃る。

といふ記事である。或は是れ単に素手と云ふ意味であるかも知れないが、しかし徒手空拳の偉大なる力を発揮してゐることは事実である。其外史を按ずるに、

之より古く、凡そ五百年前文安五年(皇紀[#「皇紀」は底本では「皇妃」]二一〇八)尚金福王の使者が北京に方物を貢し、後其従人が会同館の門外に於て四川省長河西番の人と相殴ち有司此事を皇帝に上奏したので英宗命じて人を殴つて死に至らしめし者を死刑に処した。といふ記事や、其後文明四年(皇紀二一三二)尚円王の使者武実等マラツカ国よりの帰途福州に於て船を修する時其の従人等人を殺し、此事憲宗に聞え遂に毎年入貢(貿易)を自今二年一貢に制限せられた。

といふことなど尠なくない。
 由来支那人の喧嘩は文字通り喧躁するを[#「喧躁するを」はママ]普通とするが、日本人は二言三言の次にはすぐに手を出す癖があるので、当時の勇敢な琉球人は持合せの「空手」を発揮したのであらうと想像せられる。しかし、武の古代文字は戈止の合字で戈を止める意味から起って[#「起って」はママ]居り、すべて空手道はナイハンチでもピンアンでも敵を防ぐといふ立前から始まつてゐるのは注目すべきことで日本の武士道精神と一致してゐる。
 偖て空手を昔から単に「手」と称へて来たことは前述の通りであるが、俗に「棒唐手」とか、「佐久川の唐手」とかいふ別の言葉があるのは此の古来のカラ手即ち単に「手」と区別しての名称らしい。沖縄近代の武術家糸洲安通翁は、唐手は明人陳元贇(凡三百年前の人)の伝へたものであると話してゐたといふ。
 曩の佐久川は首里赤田の人で二百年前支那より唐手を稽古して来て一般に広めたと伝へて居り又首里の人潮平某の談に公相君といふ支那人が渡来して一種の拳法を伝へたといふ話もある。いづれにしても今日行はれてゐる

ナイハンチ三段・平安五段・パッサイ大小・公相君大…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko