えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

片目のごあいさつ
かためのごあいさつ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 10」 講談社
1977(昭和52)年8月10日
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者酒井裕二
公開 / 更新2015-07-18 / 2015-05-24
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 新ちゃんは腰に長いものさしをさし、片方の目をつぶって、片方の手をうしろにかくしながら、頭をちょっとかしげて、みんながお話をしているところへ、いばって出てきました。
「いいか、よらばきるぞ?」と、いいました。
「なあに? 新ちゃん、それは、なんのまねなの?」と、お母さんがおっしゃいました。
「ねえ、お母さん、タンゲサゼンのまねをしているのですよ。」と、兄さんの徳ちゃんが、いいました。
「どこでそんなもの見てきた?」と、お父さんがおわらいになりました。
 新ちゃんはそんなことには答えないで、さっとものさしをひきぬいてふりまわしていました。
「また、一人きったぞ。」といって、とくいでいました。
「まあ、ほんとに困ってしまいますこと。」と、お母さんはおっしゃいました。
「お母さん、チンドン屋がこんなまねをしてくるのですよ。」
 そういって兄さんは、「おれはそんなばかなことはしないぞ。」といわぬばかりに、弟のすることを見ていました。
「ああ、そうか。新吉もチンドン屋のお弟子になるといい。」と、お父さんがおっしゃいました。
「チンドン屋なものか、小田くんからならったんだい。」と、新ちゃんはいいました。
「小田くんって、新ちゃんの組なの?」
「そうさ、小田くんは、それはうまいから。」と、新ちゃんはなにを思いだしたのか、感心をしています。
「その子は勉強がよくできるの?」
「そうよくできないよ。」
「じゃ、チャンバラがうまくたって、しかたがないじゃないか。」と、兄さんはいいました。
「それでも、その子はおもしろいよ。ぼく、大すきさ。」
「新ちゃんは、そんな子とばかりあそんでいるのでしょう。」と、お母さんがおっしゃいました。
「話をきくとおもしろい子だね。きっと、その子も、きかんぼうだろう。」と、お父さんがいわれました。
「お父さんは、小田くん見た?」
「お父さんは見なくたって知っているさ。」
「ほんとにかわいい、おもしろい、いい子なんだよ。」
 そういって、新ちゃんは、自分のすきなお友だちがほめられたので、大よろこびです。
「自分が小さいくせに、かわいらしいなんて。」と、兄さんがわらいました。
「こんど、小田くんのうち、田舎へいくかもしれないよ。」
「どうして?」
「こないだ、小田くん、そんなことをいっていた。そうしたら、ぼく、さみしくて困るなあ。」
「きっと、じょうだんでしょう。」と、お母さんはおっしゃいました。
 そのあくる日でした。うけもちの西山先生は、小田くんを教壇によんで、
「こんど、小田くんのおうちは、とおいところへおひっこしになるので、みなさんとおわかれですから、ごあいさつをなさい。」と、おっしゃいました。
 みんなが立ちました。そして級長の号令で、礼をしました。そのとき、ひょうきんな小田くんは、いつものタンゲサゼンのまねをして、片目をつぶって頭をさげたので…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko