えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

きれいなきれいな町
きれいなきれいなまち
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 10」 講談社
1977(昭和52)年8月10日
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者酒井裕二
公開 / 更新2015-07-24 / 2015-05-24
長さの目安約 6 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 あるところに、かわいそうな子どもがありました。かね子さんといって、うまれたときからよく目が見えなかったので、お母さんは、たいそうふびんに思っていらっしゃいました。
 あちらにいい目のおいしゃさまがあるといえば、そこへつれていき、またどこそこにいい目のおいしゃさまがあると聞けば、そこへつれていきました。
 けれど、どのおいしゃさまも、はっきりなおるとうけあった人はなかったのです。
「お母さん、わたしは目が見えなくても次郎さんがあそびにきてくださるから、ちっともかなしくはありません。」と、かね子さんはいいました。
「ほんとうに次郎さんは、やさしいいいお子さんですね。あんなにしんせつなお子さんはありませんよ。」と、お母さんもおよろこびになりました。
 毎日、次郎さんはあそびにきてくれました。
「かね子さん、ぼく、おもしろいご本をもってきたのだよ。いま読んであげるからきいていてごらん。」
 そういって次郎さんは、浦島太郎のお話を読んできかせました。
「かね子さん、おもしろい?」
「おもしろいわ、太郎は助けたかめをにがしてやったのでしょう。」
「そうすると、かめがおれいにやってきたのだよ。どうかわたしの背中にのってください、龍宮におつれ申しますといったのさ。」といって、次郎さんはご本のきれいな絵をながめていました。
「やあ、きれいだな。青や赤やでぬったご門があって、龍宮ってこんなきれいなところかなあ。」と、次郎さんは感心していました。
 けれど、かね子さんには、その絵がわかりませんでした。
「次郎さん、どんなきれいな絵がかいてあるの?」と、なみだぐんでききました。
 次郎さんは、かね子さんが目の見えないのに気がつくと、
「ああ、悪かった。うらやましがらせるようなことをいわなければよかった。」と、後悔をしました。
 そして、どうしたらかね子さんの目がよくなるだろうと思いました。
「ねえ、かね子さん、泣くのはおよし。ぼく悪かった、かんにんしておくれ。」
「いいえ、次郎さんが悪いのではない。わたしの目はなおらないって、お母さんがおっしゃったので、かなしいのよ。」
「ぼく、どうかして見えるようにしてあげるからね。」と、次郎さんがいいました。

 浦島太郎は、かめを助けたために龍宮へいって、おとひめさまにであったのだから、ぼくもこれから殺生をしないことにしようと、次郎さんは思いました。
「あっちからきたのは勇ちゃんらしいな。」
 次郎さんは、往来に立ちどまって見ていました。やはり勇ちゃんでした。もちぼうを持ち、片手にとんぼのかごをぶらさげていました。
「勇ちゃん、とんぼが取れた?」と、次郎さんはききました。
「むぎわらとんぼが二匹と、やんまを取ったよ。」と、勇ちゃんは、とくいになって答えました。
「やんまを取ったの?」
 次郎さんは、うらやましそうにかごの中をのぞくと、大きな…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko