えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

西洋だこと六角だこ
せいようだことろっかくだこ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 11」 講談社
1977(昭和52)年9月10日
初出「台湾日日新報」1937(昭和12)年3月11日夕刊
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者酒井裕二
公開 / 更新2016-10-09 / 2016-10-26
長さの目安約 5 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 年郎くんは、自分の造った西洋だこを持って、原っぱへ上げにいきました。
 原っぱには、木がなかったから、日がよく当たって、そのうえ、邪魔になるものもないので、すこしの風でもたこはよく上がりました。
 きよ子さんに、たこを持っていてもらって、年郎くんは、
「いいよ。」と、あちらから合図をして、放してもらうのです。風があると、たこはおもしろいように、ぐんぐんと空へ上がるのでした。広い原っぱには、おおぜいの子供たちがきて同じように、いろいろの絵だこや、字だこを上げていました。
「僕のが、一番だこだよ。」と、威張っているものもあれば、それに負けまいと思って、糸をどんどん繰り出しているものもありました。
 年郎くんは、どうも自分の造った西洋だこが、調子が悪かったのです。尾を長く長くしなければ、すぐにくるくるまわって落ちてしまうし、あまり尾を長くすると、重くて、なかなか上へはあがらないのでした。
「だめよ、年郎さん、こんなに尾を長くしては。」と、とうとうきよ子さんは、しびれを切らして、いいました。
 年郎くんは、うらめしそうに空を仰いで、ほかのたこがよく上がっているのをぼんやりとながめたのです。
「あ、あの六角だこは、僕のによく似ているなあ。」と、遠くの方で、知らない子が上げているたこを見つめていいました。
「どのたこ?」と、きよ子さんも、年郎くんが、ながめている空の方を見たのです。なるほど、年郎くんの大事にしていた六角だこが上がっています。真ん中にどろがついているのや、尾に赤いひもと白いひもがついているのや、すべてに見覚えがありました。
「どうしたんでしょうね。」と、きよ子さんは、目をみはりました。
「飛んでいった僕のたこを拾ったのだと思うよ。」と、年郎くんは、自分の上がらない西洋だこのことなど忘れてしまって、ただ熱心によく上がっている六角だこを見つめていました。そして、このあいだ、糸が切れて、飛んでいったたこは、とうとう追いつかれなくて、町の方へ落ちてしまったのを思い出していました。
「なんだか年郎さんのたこらしいわね。」と、きよ子さんが、いいました。
「きっと、僕のたこだよ、あの子、拾ったのだ。」
「年郎さん、きいてごらんなさい。」
「だって、ちがうと悪いな。」と、年郎くんは、考えていたのです。
「尾もよく似ているわ。」
 こう、きよ子さんがいったので、年郎くんは、ついに、その子供のそばへいって聞いてみる気が心の中に起こったのでした。
 年郎くんときよ子さんは、六角だこを上げている子供のところへきました。そして、年郎くんは、
「このたこ、どこかで拾ったのでない?」と、その子供にききました。
 たこを上げていた子供は、わざと年郎くんの顔を見ないようにして、上の方を向いてたこを見ながら、
「このたこは、お父さんに買ってもらったのだ。」と、いって、答えました。
 そうい…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko