えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

小さな弟、良ちゃん
ちいさなおとうと、りょうちゃん
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 10」 講談社
1977(昭和52)年8月10日
初出「子供のテキスト」1935(昭和10)年8月
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者仙酔ゑびす
公開 / 更新2012-08-29 / 2014-09-16
長さの目安約 7 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 良ちゃんは、お姉さんの持っている、銀のシャープ=ペンシルがほしくてならなかったのです。けれど、いくらねだっても、お姉さんは、
「どうして、こればかしは、あげられますものか。」と、いわぬばかりな顔つきをして、うんとはおっしゃらなかったのでした。
 お姉さんは、良ちゃんをかわいがっていました。英ちゃんや、義雄さんよりも、かわいがっていました。それは、良ちゃんはまだ小さくて、やっと今年から学校へ上がったばかりなのですもの。
「お姉さん、その光った、鉛筆をおくれよ。」と、また思い出したように、お姉さんのところへやってきました。いままでにも、だめといったのが、無理に頼めば、しまいにはきいてもらえたので、シャープ=ペンシルにしても、いつか自分のものになると思ったからです。
「こればかりは、だめよ。」と、お姉さんは、おっしゃいました。
「だめ? じゃ、ちょっと僕に見せておくれよ。」と、良ちゃんは、小さい手を差し出しました。
「だめよ。なんといっても、これは、良ちゃんにあげられません。お姉さんが、使っているのですもの。」
「見せて、おくれよ。」と、良ちゃんは、けっして、自分のものにはしないから、ただ手に取らしてよく見せてくれないかということを、顔色に現していいました。
「ええ、見せてあげますわ。けれど、あげるのではなくてよ。」と、いって、お姉さんは、ハンドバッグから、シャープ=ペンシルを出して良ちゃんの手にお渡しになりました。
 良ちゃんは、いつかもこうして、無理に美しい、コンパクトの容器をもらったことを思い出すと、今度も、これをもらえるのでないかと思いましたから、
「僕、これほしいな。」といって、銀の軸に小さな英語の彫ってあるのをじっと見ていますと、
「こればかしは、いけないの。」と、お姉さんは念を押すようにおっしゃいました。
「僕の持っているもの、お姉さんにあげるけどなあ。」と、良ちゃんは、いいました。
「ほほほほ、良ちゃんは、どんなものを持っているの?」
「僕だいじにしているものがあるのだよ。」
「どんなもの、良ちゃんのだいじにしているものって、なんでしょう?」
「あれと代えてくれる?」
「それはわからないわ。どんなものか、私知らないのですもの……。」と、お姉さんは、良ちゃんを見下ろして、お笑いになりました。
「こまと、水鉄砲と、まりと、ろうせき……。水鉄砲は、いつまでも貸しておいてあげるから……。」
「ほほほほ、良ちゃん、私、そんなもの、なんにするのよ……。」と、いって、お姉さんは、良ちゃんのほっぺたをぷっと吹きました。
 良ちゃんは、心持ち顔を赤くして、
「じゃ、みんなとなら、ペンシルと代えてくれる?」と、熱心にいいました。
 お姉さんは、かわいそうになりました。
「私、今日、デパートへ寄るから、良ちゃんにいいのを買ってきてあげるわ。」と、お姉さんは、いいました…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko