えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

ぶらんこ(一幕)
ぶらんこ(ひとまく)
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「岸田國士全集1」 岩波書店
1989(平成元)年11月8日
初出「演劇新潮 第二年第三号」1925(大正14)年4月1日
入力者kompass
校正者門田裕志
公開 / 更新2012-01-25 / 2016-04-13
長さの目安約 13 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より



夫の同僚

茶の間  朝

妻  (チヤブ台の上に食器を並べながら)あなた、さ、もう起きて下さい。
夫  (奥より)起きてるよ。一体何時だい。
妻  毎朝、わかつてるぢやありませんか。
夫  そんな時間か。
妻  いやね、どんな時間だと思つてらつしやるの。
夫  (跳ね起きるらしく)さうか。(間)カマキリは、まだ来ないだらう。
妻  (あたりに気を兼ね)およしなさいよ、そんな大きな声で…………。
夫  (現はれる)昨夜はね、素敵もなく面白い夢を見たよ。
妻  (相手にならずに)歯磨のチユーブが破れてるから、気をつけて頂戴。
夫  (台所へ行きながら)鼠は出なかつたかい、昨夜は。
妻  (相変らず膳の上に気を取られて)あなた、昨日の朝、何処へお置きになつたの。昨夕お湯へはいらつしやらなかつたし……。
夫  (楊子を使ひながら)今日は、一つ、風呂へはいるかな。
妻  もう駄目ね、一昨日の牛蒡は……。
夫  さあ……。おれも、今迄、いろんな夢を見たが、これくらゐ不思議な夢を見たことがない。
(間)
実に愉快な夢なんだ。
妻  手拭はあつたの。
夫  あつた。
夢だからつて馬鹿にはできない。
おれが、かう云ふと、お前はすぐに、夢があてになるもんですかと来る。
それや、夢で金持ちになつたからつて、何も、ほんとに、金持ちになると限つちやゐないさ。
そんなことを、あてにする馬鹿があるもんか。
(間)
夢は、どこまでも夢さ。
それでいいんだ。
ところで、夢といふやつは、空想とは、また違ふんだ。
夢は、やつぱり、一生のうちで、実際に在つたことなんだ。
眠つてゐる間に、ちやんと起つたことなんだ。
妻  葱が煮え過ぎても知りませんよ。
夫  葱……今日は、葱の汁か……。
さうか。
(顔を洗ふ音。やがて、手拭で顔を拭きながら現はる。
妻は、入れ違ひに、台所から釜を提げて来る)
妻  お櫃をもう一つ買ふのね。
夫  (手拭を釘に掛け、長火鉢の前にすわり)煙草を一つぷく喫ひたいな。
妻  いいわ、時計と相談してね。
夫  (煙草に火をつけながら)まだ大丈夫。(外を見るやうにして)好い天気だな。
(間)
つまり、夢に対するおれの興味は、夢そのものの面白さに在るんだ。
妻  (飯をよそふ)
夫  夢は、おれを退屈さから救つてくれる。
夢は、おれに、人生の木陰を教へてくれる。
妻  (汁をつける)
夫  昨日と今日……今日と明日……その間に、おれは金のかからない旅をする。
楽しい旅だ。
おれに取つて、夢は、現実の一部なんだ。
希望だとか、理想だとか……そんな空虚なもんぢやない。
妻  (箸を取り上げ)あなたは、よくさう、夢が見られるのね。
夫  羨ましいか。そこで、昨夜の夢だが……(箸を取る)
妻  その前に、此の間の出張手当を、早く取つて来て頂戴。
夫  あ、さうさう。九円七十銭……

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko