えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

夏の晩方あった話
なつのばんがたあったはなし
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 10」 講談社
1977(昭和52)年8月10日
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者仙酔ゑびす
公開 / 更新2012-06-23 / 2014-09-16
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

「おじさん、こんど、あめ屋さんになったの。」
 正ちゃんは、顔なじみの紙芝居のおじさんが、きょうは、あめのはいった箱をかついできたので、目をまるくしました。
「ほんとうだわ、おじさん、あめ屋さんになったの。」と、花子さんもききました。
「ええ、あめ屋になりましたよ。」
「どうして?」
「紙芝居がたくさんになって、話では、はやりませんから、これからあめで、なんでも造りますから買ってくださいね。」と、おじさんは、いいました。
 そこへ、英ちゃん、誠さん、年ちゃんたちが集まってきました。
「おじさん、さるでも、たぬきでも、なんでも造れて。」
 英ちゃんは、不思議そうに、おじさんの顔を見ました。
「いつ、おじさんは、けいこをしたんだい。」と、誠さんが、ききました。
「おじさんは、もとから、このほうがお話よりもうまいんです。」と、おじさんが、笑いました。
 正ちゃんは、お家へ駆け出してゆきました。年ちゃんも、つづいてゆきました。お母さんに、おあしをもらってくるためです。そのうち正ちゃんは、にこにこしながら、もどってきました。
「なにをこしらえてもらうかな。」と、正ちゃんが頭をかしげました。
「正ちゃん、うさぎがいいだろう。」と、誠さんがいいました。
「うきぎなんか、つまらない。それよりか、象がいいな。」
「ああ、象がいいわ。」と、花子さんが、いいました。
 正ちゃんは、動物園で見た象のことを思い出して、それがいいと思ったから、
「おじさん、象をこしらえておくれよ。」と、おあしを渡しました。
「はい、はい、象をこしらえますかな。」と、いって、おじさんは、あめを管の先につけて、まるめたり、吹いたりして、やっと一ぴきの象ができ上がりました。
 すると、これを見た、子供たちは、笑い出しました。
「おじさん、これが象なの?」
「象と見えませんか。」
「鼻が足みたいだ。」
「尾が、あんまり大きくて、みっともないよ。」
 みんなは、げらげら笑い出しました。おじさんは、きまりが悪くなって、
「象は、下手ですから、なにか、ほかのものを造ってあげましょう。」といいました。けれど、子供たちは、もう、信じませんでした。
「おじさんは、やはり、お話がいいよ。」と、年ちゃんがいいました。
「ああ、お話がいいね。」と、みんなが、賛成しました。
 夏の白い雲がうごく、空の下の原っぱで、子供たちは、おじさんを取り巻いて、かわいそうな子供のお話をききました。絵紙はなかったけれど、話が上手で、目に見る気がしてみんなは感心してきいていました。お話が終わると、おじさんは、あめを分けてくれました。
「おじさん、たぬきや、象をつくるより、よっぽどお話のほうがおもしろいよ。」
「もう、そんなもの、つくるのおよしよ。」
「じゃ、また明日から、紙芝居の道具を持ってきますかな。」
「僕たち、ほかの人のをきかないから。」

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko