えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

春の日
はるのひ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 11」 講談社
1977(昭和52)年9月10日
初出「教育・国語教育」1936(昭和11)年3月
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者酒井裕二
公開 / 更新2016-04-07 / 2016-03-04
長さの目安約 5 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 もう、春です。仲のいい三人は、いっしょに遊んでいました。
 徳ちゃんは、なかなかのひょうきんもので、両方の親指を口の中に入れ、二本のくすり指で、あかんべいをして、ひょっとこの面をしたり、はんにゃの似顔をして見せて、よく人を笑わせました。とし子さんは、おこりんぼでちょっとしたことでも、すぐにいぼをつってしまいます。そうすると武ちゃんと、徳ちゃんは、つまらなくなります。二人が、いろいろに機嫌をとっても、とし子さんは、笑いもしなければ、ものもいいません。
 そんなときです、徳ちゃんは、いつもする得意の、指を口に入れて、あかんべいをして、とし子さんの顔をのぞきます。さすがに、いぼつりのとし子さんも、これを見ると、くすくすと笑い出して、じきに機嫌を直すのが例でありました。
 武ちゃんには、徳ちゃんのように、そんなひょうきんのまねはできませんでしたから、もし、とし子さんと二人のときに、どうかして、とし子さんが、いぼをつれば、
「としこさんのばかやい。」といって、悪口をいうか、なぐりつけるのが関の山で、とし子さんも、
「だれが遊ぶもんか。」と、いって、泣きながら、帰ってしまいます。
 しかし、三人は、いつとはなしに仲は直りますが、もし、徳ちゃんがいなかったら、そう容易に打ち解ける糸口が見つからなかったかもしれません。
 ある日のことでした。三人は、いっしょに、お濠の方へ歩いてゆきました。雪が消えて、水がなみなみと、午後の日の光に輝いていました。土橋のところへは、よく、あめ屋や、おもちゃ店が出ています。
 この日は、珍しく、紙芝居のおじいさんがきていました。
「紙芝居だね。」
「おもしろいな。」
 そんなことをいい合って、おじいさんの方へ走ってゆきました。
       *   *   *   *   *
 おじいさんは、五、六人の子供を前に集めて、お話をしていました。
 ――王さまは、戦争からお帰りなさると、その美しいお后をおもらいになりました。三国一の美人ですけれど、まだお笑いになったことがありません。どうしたら、愛するお后が笑ってくれるだろうか? 王さまは、山と宝物をお后の前に積まれました。けれど、やはりお笑いにはなりませんでした。
 御殿のお庭に、鐘がつるされていました。
「この鐘を、なんになさるのでございますか。」と、お后が、王さまにお問いになりました。
「この鐘は、私が、忠勇の兵士をここへ呼び集めるときに、鳴らす鐘だ。これを鳴らせば、たちどころに、城下に住む三万の兵士たちは、ここへ集まってくるのじゃ。」
「どうか、この鐘を鳴らしてみせてはくださいませんか。」
「ばかなことをいうものでない。ほかの願いならなんなりときいてやるが、この鐘は大事があったときのほかは、鳴らされないのだ。」
「これほど、お願いしても、おききくださらなければ……。」
 王さまは、愛するお后…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko