えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

僕たちは愛するけれど
ぼくたちはあいするけれど
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 10」 講談社
1977(昭和52)年8月10日
初出「子供テキスト」1934(昭和9)年10月
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者仙酔ゑびす
公開 / 更新2012-06-08 / 2014-09-16
長さの目安約 7 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

「誠さんおいでよ、ねこの子がいるから。」と、二郎さんが、染め物屋の原っぱで叫びました。
 誠さんにつづいて、二、三人の子供らが走ってゆきますと、紙箱の中に二ひきのねこの子がはいっていました。
「だれか、捨てたんだね。」
「橋の上に置いてあったのを、三びきジョンが食い殺したのだ。」
「悪いジョンだね、いじめてやろうか。」と、誠さんや、正ちゃんがいいました。
「茂さんが怒って、ジョンを河の中へ突き落としたんだよ、ジョンのやつ、クンクンないて逃げていってしまった。」と、二郎さんが、告げました。
「かわいらしいね。」と、新ちゃんや、年ちゃんが、ねこの前にしゃがんで、頭をなでてやりました。
「おなかが空いているから鳴くのだろう。」
「僕、ご飯を持ってきてやるから。」
 新ちゃんは、家へ駆け出してゆきました。ご飯にかつお節をかけて、おさらに入れて持ってきました。一ぴきは、小さな頭を振って食べました。一ぴきは、箱のすみでふるえていました。
「かわいそうだね。」と、誠さんが、二ひきの子ねこを見ながらいいました。
「晩に雨が降れば死んでしまうね。」
「僕たち、雨の当たらないように、お家を造ってやろうか。」と、年ちゃんがいいました。
「そんなことをしたって、だめだよ。それよりか、だれか飼ってくれないかな。」と、二郎さんが、いいました。
「だれか、飼ってくれるといいね。」と、誠さんが、二郎さんの言葉に同意しました。
「新ちゃんの家では、飼わない?」
「僕のうちでは、お母さんが、ねこをきらいだよ。」と、新ちゃんは、答えました。
「君のうちでは?」と、誠さんが、二郎さんにききました。
「僕のうちには、一ぴきねこがいるじゃないか。」
「あの、大きいきつね色のどらねこは、君んちのかい。」
「ああ、そうさ。」
 これをきくと、みんなが笑いました。
「あのくりの木に、かぶとむしがいる!」
 このとき、あちらで、だれかいった声がすると、みんなは、その方にかけていってしまいました。あとには、二郎さんと誠さん、二人だけが残って、子ねこをどうしたらいいものかと相談していました。
「どこかで飼ってくれないか、方々きいてみようか。」
「そうだ。きいてみようよ、飼ってくれる家があるかもしれないからね。」
 誠さんは、子ねこの入っている紙箱を抱きました。二郎さんは、先になって、町へ出るとあちら、こちらながめました。あちらに、お菓子屋のきみ子さんがいました。いつかいじめたので、二郎さんは、顔の四角な、鼻のとがった父親からしかられたことがあります。しかし、いまはそんなことをいっている場合でないから、
「きみ子さん、ねこの子を一ぴき飼ってくれない?」と、二郎さんが、いいました。
「わたし、ねこ大好きよ。家へいってきいてみてくるわ。」といって、かけ出してゆきました。
「あいつ、ときどき生意気なんだよ。」
「だけど、…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko